全国
 カテゴリー 2009年10月

2009年10月30日

埼玉女子短期大学不当解雇事件、東京高裁で結審 判決は12月24日

衣川清子さんを支援する会
 ∟●控訴審 無事 終わりました

控訴審 無事 終わりました

衣川さんご本人より報告:

本日の口頭弁論へのご参加ありがとうございました。
おかげさまで法廷の傍聴席がほとんど埋まるまでに傍聴者が集まり、学園側の2名が圧倒されていました。学園側弁護士の西本さんが開廷直前に入ってきて、私の顔を見て「すごいね」と一言言いました。
こちらの瀬野弁護士が5分、私が3分いただいて話しました。

残念だったのはこちらが申請した2名の証人(東郷先生と卒業生1名)が「これまでかなり証拠は出ており、二人は陳述書も書いているので必要はない」との理由で認められなかったことでした。
そして結審となり、判決日が12月24日(木)14:50と指定されました。

とはいえ、まだ終わったわけではありません。今日傍聴においでいただいた東京争議団の方によりますと、「働きかけは判決当日まで有効」だという気迫が大切だそうです。その方は判決当日まで署名簿を届け、ついに勝訴を勝ち取ったとおっしゃっていました。署名はまだ継続でき、また裁判所への手紙という手段もあるそうです。弁護団ももう1通、書面を提出してくださるそうです。

そして万一12月24日に解雇無効を勝ち取れなかったとしても、そこで「不当判決!」の戦いが始まります。不当な解雇を認めた不当な地裁判決を高裁が踏襲するのではとんでもないことです。判決当日はもっと多くの傍聴者を集め、判決後に弁護士会館で集会を開き、その後打ち上げの忘年会にしようと思います。

本日一つ申し訳なかったのは、弁護団からの説明が終わったのが12時半ごろで、その時間には裁判所近辺にどこにも入れそうな店がなく、お昼を求めてさ迷い歩くことになってしまったことです。反省し、次回はすでに予約しました。弁護士会館地下の中華料理店「鳳鳴春」です。合言葉は「クリスマスイブは裁判所に行って弁護士会館で忘年会」です。ぜひ今から手帳に書きこんでください。よろしくお願いします。


早大退職者ら160人敗訴 年金減額、二審は「有効」

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102901000739.html

 早稲田大が勤続20年以上の退職者や遺族に支給する年金を一方的に減額したのは無効だとして、受給者約160人が、従来と変わらない年金額を受けられる権利の確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、請求を認めた一審判決を取り消し、棄却した。受給者側の逆転敗訴。……

[同ニュース]
“年金 減額はやむをえない”
年金減額訴訟:早大元教職員ら逆転敗訴 東京高裁
教職員年金の減額容認=早大が逆転勝訴-「破綻回避に必要」・東京高裁

京都大学、“抗議カフェ”に明け渡しの判決

http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE091029171700291233.shtml

 突然の雇い止めに抗議して京大の時計台前にカフェを作った元非常勤職員らに対し、京都地裁は明け渡しを命じました。

 京大の元大学院生で非常勤職員をしていた井上昌哉さん(37)と小川恭平さん(40)は今年3月に大学から雇い止めされ、時計台前に生えている大学のシンボル、クスノキの下にカフェを作り抗議していました。……


京都市立看護短大の存続求め署名 同窓会有志、京都市に提出

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910290255.html

 京都市が佛教大学へ統合する方針を打ち出している京都市立看護短期大学について、同短大の卒業生らでつくる「あかね同窓会会員有志の会」は23日、同短大の存続を求める3700人分の署名を市に提出した。署名は9月下旬から約1カ月で集めた。今後も署名活動を続けるという。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■事業仕分け人 川本裕子早大院教授を起用
http://www.asahi.com/politics/update/1029/TKY200910290313.html
■「医学部ルートある」と架空裏口話=1310万円詐取、男を逮捕-大阪府警
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102900794
■「近大医学部100%合格」1300万詐取の男逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091029-OYT1T00745.htm
■大麻所持の疑い 大学生2人逮捕 上尾署
http://www.saitama-np.co.jp/news10/29/10x.html
■奨学金の滞納者9人に強制執行へ 大阪府育英会が申し立て
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091029/crm0910290827005-n1.htm
■「大学の知識」政策活用提言 東大がフォーラム
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200910290028a.nwc
■鶴見大と再生医療推進機構 歯髄細胞バンクで未来に備え
http://www.business-i.jp/news/venture-page/news/200910290020a.nwc
■京大の学術誌をネットで=法律情報会社
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009102900733
■山形短大、4年制に改組 来春「東北文教大」開学
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091029-OYO8T00588.htm
■工学・保健福祉学で連携、任意団体設立/香川短大
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/education/article.aspx?id=20091029000274
■オープンカレッジ:知的障害者にも体験--島根大 /島根
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091029ddlk32040671000c.html
■愛媛大ミュージアム:地域に研究成果発信 来月14日、城北キャンパスに開館 /愛媛
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20091029ddlk38040666000c.html
■子ども研究所、高松大が開設 来月7日、子育て講座
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910290258.html
■龍谷大が政策学部を開設へ
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910290256.html
■八高専と山形大が研究の交流協定
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20091029135848.asp
■富沢学園:来春に東北文教大を新設 山形短大は改称 /山形
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20091029ddlk06100067000c.html
■宝塚造形芸術大、看護学部を大阪・北区に開設 名称も「宝塚大学」に
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091029-OYO8T00569.htm
■山梨大、教職大学院開設へ…大学院教育学研究科を再
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/examination/20091029-OYO8T00476.htm
■札幌市立大に大学院 デザイン研究科と看護学研究科新設
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/examination/20091029-OYO8T00452.htm
■南九州大 都城キャンパスに来年度「人間発達学部」新設へ
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/examination/20091029-OYO8T00446.htm
■福島大学長選公示
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=200910299
■京都外大女子学生2人、覚せい剤容疑で逮捕
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091029-OYO1T00280.htm?from=main2
■<医療をまもる>立ち上がる医学生たち 現状学び社会へ提言
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2009102902000060.html
■ホームレス暴行を自作自演 映像公開の神戸大生処分
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102900225&genre=C4&area=H10
■3人に1人「大麻が手に入る」関関同立の新入生に意識調査
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102900208&genre=C4&area=K00
■神戸大生、ホームレス襲撃を自作自演 ミクシィに動画
http://www.asahi.com/national/update/1029/OSK200910290103.html
■特定扶養控除も見直し対象に 強まる増税色
http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200910290133a.nwc
■臨床研修:地方と大学病院で増加 制度見直し効果
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091030k0000m040073000c.html
■臨床研修先、半数弱が6都府県 10年度、大学病院も半数割れ
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091029AT1G2903F29102009.html

2009年10月29日

埼玉女子短期大学不当解雇事件、解雇撤回の裁判闘争へのご支援お願いします

首都圏大学非常勤講師組合
 ∟●『控室』第72号

解雇撤回の裁判闘争へのご支援
お願いします

衣川 清子

 私は2008 年4 月に、それまで19 年間専任教員(准教授)として勤務していた埼玉女子短期大学(私立、埼玉県日高市)を「教員としての適格性・協調性に欠ける」として解雇(普通解雇)され、その無効を東京地方裁判所に訴えて闘ってきましたが、2009 年7 月、地裁から「解雇有効」との不当判決を受けたため、東京高等裁判所に控訴したところです。専門はアメリカ文学で、現在、東京都三鷹市の武蔵野外語専門学校で週3 コマ英語を教えています。

 解雇理由として挙げられたのは、「学生への菓子配布」「任意の授業公開拒否」「学内正常化要求」など、理由として成立しそうもない、ほとんど言いがかりに近いもので、しかも長期間にわたってまったく問題にされていなかったものでした。解雇を正当化するために集めてきたものであることは明白です。また、就業規則所定の普通解雇の要件は「懲戒解雇事由に該当すること」であるのに、懲戒事由があるかどうかを調査する学内の人事委員会も開かれず、教員がかかわらない理事会主導の「調査」で解雇手続が強行されました。

 地裁では20 も挙げられた「解雇事由」一つ一つについて反論し、理由の不存在を立証しましたが、地裁判決は、私の「授業に特段問題がなく、学生からの信頼も厚い」と認定しながら、学校側による私に対する人格攻撃をそのまま受け入れ、作り出された「理由」を解雇相当としてむりやり認定し、手続違反も見逃しています。

 これはいわば、「学校側が当該教員に問題があると主張すれば裁判所は介入せずそれを認める」ということで、もしこれが通用するなら、専任でも非常勤でも任期付でも、およそどんな身分であろうと教員の身分保障などないに等しく、大学の自治や学問の自由が侵害され、自由な研究教育活動が阻害され、大学教育が成り立たなくなる事態になってしまいます。

 今後、高裁での弁論が展開されますが、公正な審理が行われるよう注目していく必要があります。逆転解雇無効判決を勝ち取るためのご支援をどうかよろしくお願いいたします。(きぬがわ きよこ)

* 3つの支援のお願い

「支援する会」では以下の3つの支援活動をよびかけています。
①裁判傍聴 第1 回口頭弁論が10 月29 日(木)11 時半から、東京高裁8階824 号法廷にて行われます。傍聴にご参加ください。
②カンパ 訴訟活動支援のためのカンパを募っています。
ゆうちょ口座10040-10026961
「衣川清子さんを支援する会」
他の金融機関からは ゆうちょ銀行
〇〇八(ゼロゼロハチ)支店 普通預金 口座番号1002696
③署名 署名は700 を超えていますが、まだまだ必要です。どうぞご協力をお願いします。
*裁判の進捗状況や資料はホームページhttp://www.kinugawasupport.com/
をごらんください。


学費負担減らして、奨学金の会が文科省に要求

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-10-28/2009102805_01_1.html

 全学連や労働組合、個人でつくる「国民のための奨学金制度の拡充をめざし、無償教育をすすめる会」(奨学金の会)は27日、文科省に返還の必要のない給付制奨学金の創設などの学費負担軽減を求めました。その後、衆院議員の文科委員に要請しました。……

不正経理、和歌山県立医大などが補助目的外の物品購入

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091029k0000m040053000c.html

 和歌山県立医大(和歌山市)と岡山大医学部(岡山市)を会計検査院が調べたところ、文部科学省から「試験研究業務」について支出された補助金や助成金について、02~07年度で約2000万円の不正経理が行われていたことが分かった。……

[同ニュース]
和歌山医大が2千万円不正経理 業者に預けも発覚

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■京都外大、副学長らが謝罪 覚せい剤容疑 指導及ばず
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102800207&genre=C1&area=K00
■京都外語大生が覚せい剤=女子学生ら3人逮捕-大阪府警
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102801074
■大阪府、私立高無償化へ 低所得世帯を対象
http://www.asahi.com/edu/news/OSK200910280072.html
■大麻所持容疑で大学生逮捕 上尾
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091028/crm0910282059036-n1.htm
■北海学園大「カリキュラムに問題」法科大学院が再評価要請
http://sankei.jp.msn.com/life/education/091028/edc0910281831003-n1.htm
■元佐賀大教授が通帳詐欺容疑、ヤミ金口座に使用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091028-OYT1T00510.htm
■不用な蔵書格安で販売 30日から島大図書館で
http://www.sanin-chuo.co.jp/shop/modules/news/article.php?storyid=515921042
■トマト銀行、岡山理科大と包括協定
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009102800436
■大学の新設は5校、短大7年ぶりゼロ
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091028-OYT8T00369.htm
■特定扶養控除 縮小も 政府税調検討
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009102802000051.html
■高校・大学生いる世帯、特定扶養控除を縮小 10年度、政府税
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091028AT3S2701L27102009.html
■札市大大学院認可へ 大学設置審議会が答申
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/196743.html
■山梨大教職大学院認可へ 文科省 山学大栄養学部も
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/10/28/4.html
■大学設置審認可答申 東北文教大など新設
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091028t73024.htm
■5大学7大学院の新設認可を答申 文科省審議会
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910280009.html
■大学生協九州の理事長を詐欺容疑で逮捕
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20091027-560160.html
■元佐賀大教授を詐欺容疑で逮捕 譲渡目的で口座開設
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091028-OYO8T00905.htm
■ヤミ金事件の口座開設 通帳詐欺で元佐大教授逮捕
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1459451.article.html
■南九州大:新学部認可、審議会答申 月末から学生募集 /宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20091028ddlk45100408000c.html
■「独創的な教員養成を」 人間発達学部 南九州大が新設 長谷川学長が抱負
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/130934
■南九州大 都城に新学部設置へ
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000910270006
■帝京大の都内移転、住民に初説明/相模原
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910280013/
■明学大 「教育」で地域に還元
http://www.townnews.co.jp/020area_page/01_thu/11_tots/2009_4/10_29/tots_top1.html
■高校無償化:給付非課税扱い、副文科相要望
http://mainichi.jp/life/edu/news/20091028dde007010043000c.html
■神戸大:「研究科」新設 全国初「計算科学」博士号--来春から /兵庫
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20091028ddlk28100397000c.html
■大学50校新設認可を答申 兵庫では2校 設置審 
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002475611.shtml
■福山市大の魅力、連載でPR
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910280034.html
■高校無償化分を非課税に=特定扶養控除は維持-文科省要望
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102800352
■高校無償化 どう動く
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091028-OYT8T00591.htm
■国際的な人材、育成へ
http://mytown.asahi.com/tochigi/news.php?k_id=09000000910270002

2009年10月28日

埼玉女子短期大学不当解雇事件、東京高裁第1回口頭弁論

衣川清子さんを支援する会
 ∟●10月29日(木) 迫る!第1回口頭弁論

10月29日(木) 迫る!第1回口頭弁論

皆さんのご協力により、ここまでは準備を進めてきました。
いよいよ、第一回口頭弁論にて、この裁判への関心の高さをアピールする日がやってきます。
ぜひとも傍聴席を満席にするために皆さんのご協力をお願いします。

-----------------------------------------------------
 第一回口頭弁論 10月29日(木) 傍聴参加のお願い
-----------------------------------------------------

 東京高等裁判所 8階 824号法廷にて11時30分開廷

 事務局は、11時ごろから、824号法廷前に集合します。
    (近くに、休憩スペース(一般控室)があるので、その周辺)

☆‥…・・・☆・‥…・・・☆‥…・・・☆‥…・・・☆‥…・・・☆

東京高裁は地裁と同じ建物で、地下鉄霞ヶ関駅A1出口を出てすぐです。
一番近い路線◇◇ 丸の内線/日比谷線の霞ヶ関駅 千代田線の霞ヶ関駅も可
有楽町線桜田門駅からも徒歩10~15分くらい。

詳しくは、こちら地図か、以下のURLをご参照ください。
http://map.doko.jp/m/503108761/128428757/9

これまでの経緯

衣川清子さんは、平成20年4月14日付で埼玉女子短期大学(川口学園)から一方的に解雇をされました。
これに対して、衣川さんは、東京地方裁判所に、「原告が被告との間に労働契約上の地位を有することを確認」し、賃金の支払いを求めて、訴訟を起こしました。
しかし、地裁は衣川さんの主張を認めず、敗訴という結果になりました。

判決文 (裁判所からの文書をこちらでデータ化したもの)

これを受けて、衣川さんの友人を中心として、「衣川清子さんを支援する会」が結成され、支援活動を行っています。
衣川さんは現在、控訴理由書を提出し、上告手続きを済ませました。第一回口頭弁論は、10月29日(木) 11:30~となりました。

控訴理由書


平成22年度開設予定の大学の設置等に係る答申について

文部科学省

 本年4月及び6月に大学設置・学校法人審議会に諮問した、平成22年度開設予定の大学の設置等の認可申請に係る案件のうち、同審議会における審査が終了した案件については、判定を「可」又は「不可」とする答申がなされることとなっております。
 これまでの審査の結果、以下の案件については、10月21日(水曜日)に開催された学校法人分科会及び10月23日(金曜日)に開催された大学設置分科会において審議の上、10月27日(火曜日)に答申がなされましたので、お知らせします。……

[関連ニュース]
50校の学部など新設認可を答申 大学設置審、開設は5校
大学新設5校のみ=10年度、24年ぶり低水準-設置審
大学設置審:新設は5大学のみ 86年度以来 短大はゼロ

高校無償化に合わせ特定扶養控除の縮小も、財務政務官

http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200910270128a.nwc

 古本伸一郎財務政務官は27日、政府税制調査会の会合後に記者会見し、高校生や大学生のいる家庭を対象とした所得税の「特定扶養控除」について「まったく手をつけずにそのまま残すのがいいのか議論したい」と述べ、税調で控除額の縮小などを検討していく考えを明らかにした。……

[同ニュース]
政府税調:「特定扶養控除」の縮小など議論へ
特定扶養控除縮小を検討=「高校無償化」に伴い-政府税調

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■高校無償化に合わせ特定扶養控除の縮小も 財務政務官
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091027/fnc0910271750025-n1.htm
■函館の大学生が就活応援グループ 1日から本格始動
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/196639.html
■国立大入試、追試は本試験の1週間後 新型インフル対策
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910270116.html
■国立大学:新型インフル感染者、入試2次でも追試験実施
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091028k0000m040047000c.html
■国立大2次試験、特例の追試実施
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091027-OYT8T00329.htm
■旭大、進学困難な学生の学費免除
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/196577.html
■九州大学、水素エネルギーシステム専攻を来春開設
http://www.ecool.jp/news/2009/10/kdd37-673.html
■反貧困ネットワークえひめ:設立 弁護士や司法書士、市民連携--松山 /愛媛
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20091027ddlk38040674000c.html
■「反貧困ネットワーク栃木」31日に設立 横断的に支援
http://www.shimotsuke.co.jp/town/life/volunteer/news/20091027/225712
■女子大生殺害 学部長ら会見
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000910270003
■筑波大、留学生向け奨学金制度
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000910270001
■千葉工大 緑化型駐車場を試作
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000910270001
■神奈川歯科大:巨額損失投資 5億円詐欺容疑、社長らを再逮捕
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091027ddm041040024000c.html
■大学の地域機能考えるシンポ
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=29870&categoryid=1
■財務省が教員給与の国庫負担率引き下げを検討、地方の反発は必至
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/091027/lcl0910270100001-n1.htm
■大阪市大で電気メスの火花が気管チューブに引火、男性患者が死亡
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091027/crm0910271937030-n1.htm
■子どもの習い事:親の年収、学歴が影響 教育費は月額10万円超も
http://mainichi.jp/life/edu/news/20091027mog00m100047000c.html

2009年10月27日

横浜市立大、教職員と学生の悲鳴が届く余地がない

大学改革日誌
 ∟●最新日誌(10月26日)

10月26日 22日付の教員組合週報を受け取った。この間、定年退職教員の不補充と「割愛教員」の不補充により、全体としても負担が大きくなっているが、人により、分野により、極めて負担が大きくなっているところがある。その点はこの間、教員組合が特に強く主張しているとおりであろう。

 かつては、学部4.5コマ、大学院1.5コマといった大体の基準(ノルマ)があった。しかし、先日もある人と話していたら、その人は11コマだという(この人は、学会でも活躍しているので、研究時間も相当に必要である)。普通の私学なら、オーバータイム手当などと称する手当があり、負担過重はしかるべき一定範囲で報われる。そうした制度もなく、負担だけが大きくなっているとすれば、まさに、過労死などの危険性も高くなっている人がいると推定してもおかしくはない。

 とりわけ、入試関係の仕事は一番神経を使うものであり、十分な時間的精神的余裕がほしいものである。それだけに、現場の教員の勤務実態(人員減少の中での負担増)を無視したことが行われるとすれば、そこから発生する諸問題の責任は、なによりもまず大学経営陣にあることになろう。

 上記のある教員は、毎日の勤務実態・仕事時間の実情を、奥さんと一緒にきちんと記録にとどめているという。何かあった場合、身を守るためである。

 とりわけ、教員評価制度と任期制(任期更新回数は2回とか3回に限られている…この点からすれば「大学教員任期法」の適用という面がある…そしてこの任期切れ=解雇を正当化・合法化する側面こそ、テニュア制度が合理的基準・説得的基準で整備されていない現状こそ、多くの文科系教員の「任期制」非同意の根本的理由である)の二つに縛られて発言の自由が抑圧され、また、学部教授会が実質においてボトムアップの機能を果たしえていない現状において、現場教員の悲鳴が届く余地が極めて少ないからである。
 評価権を握る管理職は、「上から」の任命である。

 その点は、PEで苦しむ学生諸君と共通するところがある。
 カリキュラム等に関する学生アンケートが昨年と同様今年も行われるようである(ただし、アンケート項目が大きく変更されているようであり、何が削除され、どのように変更が加えられたのかの検討が必要となろう)。しかし、そのアンケートは4年生(ハードルの不当さ・非合理性に怒りや不満を持ちつつもなんとかクリアできた諸君)に対するものである。
 進級制度に一番問題を感じている人々、画一基準で進級を阻まれた2年次留年の学生は、アンケートの対象外である。彼らにはその苦しい実態を伝える手段がない。一番問題を抱えている諸君の声が吸い上げられるルートがない。

 当局は、こうした場合には、「大学の自治」を振りかざし、問題があれば大学内で解決すればいいというが、そのための制度的保障はない。
 全員任期制や評価制、PEなどは、「大学の方針」とされる。しかし、その制度が抱えている諸矛盾、その制度発足時から一貫して指摘されている諸問題、それに苦しむ人々、またそうしたことを指摘する人々の声も、「大学」の実態を構成するものだが、そうしたものは顧みられることがない。「大学」が、実に実態からかけ離れたものとなっている。

 中期計画などでは、本当はこうしたことこそ見直すべきであろう。……


中田宏前横浜市長は“オヨビ”でない

学問の自由と大学の自治の危機問題
 ∟●中田宏前横浜市長は“オヨビ”でない(2009.10.25)

中田宏前横浜市長は“オヨビ”でない(2009.10.25)

 最近の報道(「産経新聞」(2009.10.6)、「毎日新聞」(2009.10.23);下記 注1、2参照)によれば、鳩山新政権における行政刷新会議および総務省顧問への登用が噂されていた中田宏前横浜市長は、どうやら“オヨビ”でなかったらしい。

 仙石由人行政刷新担当大臣および原口一博総務大臣の良識的判断により、中田氏のようなスキャンダルまみれの不適格者が鳩山政権の中枢に潜り込むことは、何とか、阻止されたようである。両大臣へは、中田氏の“ダーティーな素顔”に関する情報が、恐らく、他からも多く寄せられたと思うが、本ホームページ掲載の下記の2通の公開書簡が、中田氏登用阻止のため、少しでも役立ったとしたらこのような地道な活動も無駄ではなかったことになる。

■原口一博総務大臣宛公開書簡:「中田宏前横浜市長は総務省顧問として全く不適切」(2009年10月19日)
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/09-10/091019nakada-haraguchi.htm
■仙石由人行政刷新担当大臣宛公開書簡、「前横浜市長 中田宏氏の件」(2009.9.25)
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/09-09/090925nakada-sengoku.htm 

 今後も、中田氏の(政治家としての)息の根を止めるべく、ウォッチし続ける必要がある。以下に、中田宏氏の“ダーティーな素顔”に関する情報を整理しておく。

●“市民派”中田市長のダーティーな素顔 
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/nakada.html 
●中田宏横浜市長、“無責任”辞任騒動
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/nakada-jinin.html 
●中田宏横浜市長、“ワイセツ・ハレンチ”連続追及第1弾~第6弾『週刊現代』
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/nakada-harenchi.html 
●「中田 宏横浜市長との不倫」顔出し告発 第1弾~第3弾 『週刊現代』
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/nakada-hurin.html 
●横浜市議会議員 太田正孝氏ホームページ
http://www.ota-masataka.com/index.htm 

……


国立大学法人化で悪い影

東京工業大学職員組合
 ∟●国立大学法人化で悪い影
 ∟●「概要 (国立大学法人化が教育研究活動、産学連携活動及び 大学運営に与えた影響に関する調査研究」

<国立大学法人化で悪い影響>

・・・研究で69%、大学運営で66%、教育で51%

 筑波大学産学リエゾン共同研究センター准教授の新谷由紀子氏らが「国立大学法人化が教育研究活動、産学連携活動及び大学運営に与えた影響に関する調査研究(概要)」と題する報告を出しています。

 この報告は、自然科学系教員1000名を対象にアンケート調査を行った結果を分析した内容です。
 それによれば、法人化で悪い影響が出たと回答した教員が「研究」では69%、「大学運営」では66%、「教育」では51%と高い数字となっています。……


投資会社社長ら再逮捕…神奈川歯大から5億詐取容疑

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091026-OYT1T00775.htm

 学校法人神奈川歯科大学の投資を巡る詐欺事件で、横浜地検は26日、新たに学校法人から投資資金として5億円を詐取した疑いが強まったとして、東京都内の投資会社社長らを詐欺容疑で再逮捕した。……

[同ニュース]
神奈川歯大から5億詐欺容疑、投資会社社長ら再逮捕

6年制薬学部、人気低迷

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910260145.html

 臨床現場で幅広く活躍できる薬剤師を育てるために導入された薬学部の6年制。その1期生にあたる4年生が、来年から薬局や病院で、5カ月間の実務実習を始める。チーム医療の一翼を担える薬剤師への期待は高いが、一方で、薬学部志望者は激減。定員割れの大学が続出するなど、薬学部を取り巻く環境は厳しさを増している。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■「反貧困ネットワーク栃木」31日に設立 横断的取り組みへ
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20091026/225609
■国立大が2次試験で追試験 インフル対策、本試験1週間後
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/influenza/196491.html
■千葉大学学部長「非業の死で誠に残念
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20091026-559623.html
■【千葉大の女子学生放火殺人】千葉大が会見「早く解決を」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091026/crm0910261219013-n1.htm
■学園祭コンロ爆発の弘前大…通行人負傷も通報せず
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/10/26/05.html
■弘前大の大学祭でボンベ爆発 警察・消防に通報せず
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091026t23014.htm
■国立大 新型インフルで追試も
http://www.nhk.or.jp/news/t10013370791000.html
■研究者OBが決起 山形大農学部鶴岡高専 庄内のため「サロン」開設
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/0/ad_vw.cgi?p=dy:2009:10:27
■国立大が2次試験で追試験 インフル対策、本試験1週間後
http://www.47news.jp/news/2009/10/post_20091026165703.html
■「報道局に部室をください!」-秋田大学新聞発行の学生サークルが訴え
http://akita.keizai.biz/headline/778/
■山形大、エコ3位 重油控えガス活用でCO2削減
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910260282.html
■私大と連携、訓練地に 東北の空港、パイロット養成に活路
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910260275.html
■龍大370周年シンポ、浄土真宗を語る
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/lecture/20091026-OYO8T00585.htm
■水俣病患者支えたチッソ第1組合の軌跡 法政大で30日から
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910260141.html
■奨学金貸与132億円回収不能 学生支援機構 卒業生の住所が不明
http://job.yomiuri.co.jp/news/ne_09102605.htm?from=yoltop
■早大、中台留学生向けに奨学金制度 中国食品大手と総額25億円
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20091026D2M2201K26.html
■オホーツク産食材の知識深めて 東農大網走が認定制度
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/196391.html
■医学部後期日程の定員5増を申請 山形大
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910260307.html
■国立大2次試験、新型インフル対策で追試実施へ 国大協合意
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091026AT1G2602M26102009.html
■【新型インフル】国立大も追試実施へ 感染者に救済
http://sankei.jp.msn.com/life/body/091026/bdy0910262214006-n1.htm
■宇大大学院修士課程で出題ミス 「合否には影響なし」
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20091026/225690
■ノーベル賞南部氏、受賞後初の国内会見
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091026AT1G2602S26102009.html

2009年10月26日

132億円は滞納者が住所不明、奨学金返済で会計検査院指摘

http://www.47news.jp/news/2009/10/post_20091023191506.html

 独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会)が大学生らに貸与した奨学金の返済状況を会計検査院が調べた結果、住所を確認できない滞納者の未返済分が少なくとも約132億8千万円に上ることが23日、分かった。……

[関連ニュース]
奨学金の延滞債権、132億円が住所不明 検査院、改善求める
奨学金未回収:支援機構が連絡が取れないケース多数と判明
学資金貸した学生不明で132億円が回収不能に
住所不明!奨学金132億円が回収不能に

神奈川歯大・投資詐欺、新たに5億円被害立件

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091023-OYT1T00049.htm

 学校法人神奈川歯科大学の投資を巡る詐欺事件で、横浜地検は新たに、学校法人から5億円をだまし取った疑いが強まったとして、東京都内の投資会社社長を詐欺容疑で立件する方針を固めた。……

[同ニュース]
神奈川歯科大 詐欺被害新たに5億円…投資会社社長立件へ
神奈川歯大運用損、詐欺罪で投資会社社長ら起訴

奨学金の返済猶予 集団で申請

http://www3.nhk.or.jp/news/k10013314661000.html

 国の奨学金を利用して大学に通っていた人たちが雇用情勢の悪化で卒業後仕事に就けず、奨学金を返済できなくなるケースが増えています。こうした人たちが23日、返済の猶予などを求める申請を集団で行いました。……

総務省に私立高無償化要望 低所得世帯対象に、文科省

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102301000945.html

 文部科学省は23日、公立高校の実質無償化で浮く自治体経費のうち249億円を、私立に通う低所得世帯向けの財源に転用し、授業料を無償化するための財政措置を講じるよう総務省に求めた。……

[同ニュース]
授業料、私立高も無償化 文科省要請へ、低所得世帯対象に
私立高無償化へ交付税措置=文科相
低所得世帯の私立高無償化要望 文科相23日中に総務省へ
高校無償化:私立高授業料無償に 文科省要望、低所得世帯が対象

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■明治大学が「東京国際マンガ図書館」 サブカル全般をアーカイブ、世界最大規模に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/23/news080.html
■肺がん情報 40%裏付けなし
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013318641000.html
■民主増税で家計直撃も…扶養控除廃止だけで年15万円
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20091023/plt0910231623004-n1.htm
■「脱線原因はJR西の日勤教育」元部長2人を検察審に申し立て
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091023/trl0910231454012-n1.htm
■学生ら700人で座禅 花園大で「国内最大規模
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091023/trd0910231454013-n1.htm
■JR西元部長の審査も申し立て 脱線事故「日勤教育が原因」
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/195964.html
■10万人の雇用創出、下支え 政府が緊急対策
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/195943.html
■学生700人が座禅 花園大 国内最大規模
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102300101&genre=G1&area=K00
■10年春卒の大学生、10月時点の内定率8割切る ディスコ調べ
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091023AT3K2200R22102009.html
■国際マンガ図書館:世界最大規模、明治大が14年度設立へ
http://mainichi.jp/select/photo/news/20091023k0000e040014000c.html
■あしなが学生募金が苦戦 授業料無償化も影響か/鹿児島県内
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=20052
■推薦入試枠30人拡大 県立産業技術短大
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/10/23/5.html
■岡山大:60周年、卒業生ら320人祝う 「研究施設など成長」 /岡山
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20091023ddlk33100496000c.html
■経営上手な国立大学ランキング
http://media.yucasee.jp/posts/index/1900?la=0012
■岩手大:編入学試験の英語で出題ミス /岩手
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20091023ddlk03100027000c.html
■セクハラ:女子学生に 准教授を停職1カ月--静岡大 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20091023ddlk22040238000c.html
■大阪国際大で26日、連続講座「現代の危機管理」開講
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/lecture/20091023-OYO8T00266.htm
■京大生逮捕で副学長ら謝罪会見 再発防止中に薬物事件
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102300222&genre=C1&area=K00
■覚せい剤所持容疑で京大生逮捕 大阪府警
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091023AT5C2301N23102009.html
■龍谷大、政策学部を11年4月開設 大学院地域協働研究科も深草に
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102300198&genre=G1&area=K00
■近大生、大麻栽培で逮捕=自宅屋上に46株-大阪府警
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102300975
■2万人の医師・医学生の署名を提出へ
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24906.html
■龍谷大、大学院で2学科新設へ
http://sankei.jp.msn.com/life/education/091023/edc0910231935001-n1.htm
■大麻取締法違反で近大生逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091023/crm0910231737024-n1.htm
■京大生、覚せい剤所持で逮捕=大麻も所持、容疑否認-大阪府警
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102300532
■あしなが学生募金がピンチ! インフル、高校無償化響く
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102301000730.html
■教員養成6年制/制度の改廃で成果上がるか
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2009/10/20091023s01.htm
■ミスコンテスト盛り上がる 秋大祭
http://www.sakigake.jp/p/akita/topics.jsp?kc=20091025e
■あしなが学生募金 協力を ボランティア学生呼び掛け 小倉駅前で25日まで
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/130405
■弘大祭でガスボンベ破裂 1人けが
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20091025230225.asp
■「医療現場の混乱示す」 東大全国医師調査
http://sankei.jp.msn.com/life/body/091024/bdy0910242130007-n1.htm
■「あしなが育英会」苦境 不況とボランティア減で募金低迷
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1455483.article.html
■京大、近大でも…キャパスで薬物汚染拡大
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20091024-558854.html
■九大伊都地区 留学生宿舎建設を停止 政府の補正予算見直しで
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/130261
■秋田大に鉱物研究拠点 産出国にノウハウ提供
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091024t45006.htm
■福大75周年、海外の大学学長招きシンポ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/130217
■私立高校も学費無償化はアリか? 岡山で書名活動
http://news.ameba.jp/domestic/2009/10/48405.html
■福岡大:創立75周年記念式典 「品格と魅力備えた大学に」 /福岡
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20091025ddlk40100177000c.html
■龍谷大:創立370年、厳かに記念式典 /京都
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20091025ddlk26040305000c.html
■和歌山大・県教委:「地域との密着必要」 連携協10周年でフォーラム /和歌山
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20091025ddlk30040233000c.html
■京都大:憩えるキャンパス 宇治おうばくプラザ完成 /京都
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20091024ddlk26100580000c.html
■県公立大学法人評価委:県立大の中期目標素案を説明--初会合 /山梨
http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20091024ddlk19100033000c.html

2009年10月23日

全大教、国立大学・高専・大学共同利用機関法人の充実・発展に関する要望書

全大教
 ∟●国立大学・高専・大学共同利用機関法人の充実・発展に関する要望書

2009 年10 月15 日

文部科学大臣
川端 達夫 殿

全国大学高専教職員組合
中央執行委員長 中嶋 哲彦

国立大学・高専・大学共同利用機関法人の充実・発展に関する要望書

 民主党を中心にした新政府が発足し、政治の新たな風を感じます。民主党の政権政策(マニフェスト)及び民主党政策集(INDEX2009)で公約された国立大学等運営費交付金削減の見直し、高校授業料の無償化等も歓迎し、その実現を期待するものです。
 国立大学法人に対する国からの運営費交付金は、前政権時代の2004 年度の法人化以降5 年間で720 億円が削減されており、これは一橋大学12 校分の運営費交付金が削減されたことになります。独立行政法人とされた国立高専の前途も多難です。
 また、国立大学法人等が総人件費改革5%削減の対象とされたことにより、教員の後補充が困難となり、教育研究に支障が生まれています。
 その中でも、国立大学・高専・大学共同利用機関は、教育、研究、地域貢献と国際化への対応等地域社会の学術文化拠点としての役割を担い必死に奮闘しています。全大教も大学・高等教育充実に向けて、様々な取り組みを進めてきました。
 高等教育への公財政支出全体で見ても、OECD 平均のGDP 比1%を大きく下回る0.5%で、加盟国中最下位です。
 根本的には、国立大学法人法成立時の附帯決議がなおざりにされ、多くの国立大学等が研究、教育、評価、財政、管理運営、教職員の労働環境等で様々な問題が露呈し、法人化の最大のメリットとされた「自主性、自律性」が発揮できない状況にされていることです。
 こうした状況を踏まえ、貴職に対し、大学・高等教育の充実・発展に向けて下記の事項について要望する次第です。……


国大協、平成22年度国立大学関係予算の確保・充実について(要望)

国大協
 ∟●平成22年度国立大学関係予算の確保・充実について(要望)

平成22年度国立大学関係予算の確保・充実について(要望)

 現在我が国は、極めて深刻な社会経済状況下に置かれています。このようなときに当たり、「国家百年の大計」の根幹をなす教育、特に高等教育・研究の果たす役割の重要性は言を待ちません。
 本協会は、我が国が、この未曾有の危機を克服し、国民の不安を払拭して持続的な発展を図るためには、従来から国立大学が果たしてきた、我が国の知の創造拠点・高度人材育成拠点としての役割(国際競争力の源としてのナショナルセンター機能と、地域社会・経済を支えるリージョナルセンター機能)を更に強化・充実することが不可欠であると考えています。
 しかるに、国立大学の基盤を支える運営費交付金は、「骨太方針2006」により、対前年度比1%の削減が続けられ、過去5年間で720億円(率にして5.8%)の削減が行われました。国立大学の教育研究活動を支える施設・設備についても、施設整備費補助金等の削減により、その老朽・狭隘化が著しく進んでいます。とりわけ、毎年度当初予算は減少しており、補正予算において緊急を要する整備に対応してきているものの、計画的かつ十分な施設整備を行うことができていません。
 各法人ではそれぞれ懸命の努力により対応しているものの、このままでは、遠からず教育の質を保つことは難しくなり、学問分野を問わず、基礎研究や萌芽的な研究の芽を潰すだけでなく、地域医療の最後の砦としての機能や一部国立大学の経営が破綻するなど、我が国の高等教育・研究の基盤が根底から崩壊し、回復不可能な事態に立ち至ることが危惧されます。
 また、経済危機により、大学への進学や修学に向けた学生・保護者の不安は深刻の度を増してきています。国際比較の観点からも、日本の学生に対する経済的支援は極めて貧弱であり、逆に家計による負担は重く、教育の機会均等は大きく脅かされています。
 資源の少ない我が国にとって、優れた高等教育を受けた将来を担う人材は、国力の源泉です。OECD諸国をはじめ諸外国が大学等に重点投資を行い、優秀な人材を惹きつけ、育成しようとしている中で、ひとり我が国だけが投資の削減を続けていては、国際的な競争に打ち勝つことは困難であるのみならず、将来にわたって日本の国力が衰微していく懸念を強く持つところです。現在でも大学等への公財政支出が対GDP比でOECD加盟国中最下位であることは、周知の事実です。
 つきましては、運営費交付金の削減方針を直ちに撤廃するなど、別紙の事項について、要望いたします。
 貴職におかれましては、第2期中期目標期間を迎える平成22年度の予算編成に向けて、国立大学関係予算の確保・充実について、ご理解をいただき、格段のご尽力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


大阪府立大学、奥野理事長の弁明

大阪府立大学 情報 (非公認) 
 ∟●奥野理事長の弁明

奥野理事長の弁明

 昨日、一昨日の報道を受けて、奥野理事長が学内法人職員向けのメッセージを発信しました。法人職員向けの状況説明があったとしても、学生、その保護者、府民、学外に対しては、「本法人がこれまでの悪しき姿勢を認め、今頃になって組織保護のために、大阪府に迎合、率先して無節操な改革を行なおうとし始めた」という印象はなんら変わりません。
 ところでどのようなメッセージだったのでしょうか?

 報道を受け、昨日の営業時間終了直前に配信されたメッセージは、以下のようなものでした。……


早稲田大学の隠れた“含み損”80億円、波紋を呼ぶ決算処理

http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/3d89d12c90cc1a7653fe08a9bdb08b44/

 それで許されるのか――。他の大学から驚きの声が上がったのが、早稲田大学の2008年度決算だ。

 資産運用に積極的だった大学の一部では、金融危機の影響で有価証券評価損やデリバティブ運用損の計上を余儀なくされた。さらに、財務諸表に反映しない分についても、貸借対照表の注記で「有価証券の時価情報」と「デリバティブ取引」を開示することになっている。その注記によれば、有価証券やデリバティブ取引で大きな含み損を抱えている大学も少なくない。169億円の有価証券評価損を計上した慶應義塾大学では、含み損も合計で365億円に上る。……


静岡大男性准教授をセクハラで停職1カ月

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20091022-558272.html

 静岡大は22日、女子大学院生に対するセクハラ行為があったとして、40代の男性准教授を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 静岡大によると、准教授は2006年12月と07年1月の2回、研究のため学生らと茨城県内の研究施設を訪れた際、院生の頭をなでたり、女子風呂へ向かった院生の後をつけて脱衣所に入ったりするなどした。……


[同ニュース]
静岡大学の男性准教授、セクハラ
准教授を停職処分 女子大学院生にセクハラ 静岡大
セクハラで准教授を停職=女子院生の後つけ脱衣所に入る-静岡大
脱衣所にも…静岡大准教授、セクハラで停職1カ月

「バイオラバーに効果」大学教授の論文、宣伝に利用

http://www.asahi.com/national/update/1021/OSK200910200112.html

 山本化学工業のバイオラバーについて、関西の私立大の医学部教授らが、科学的にがんの増殖を抑える効果があるとする論文をまとめたり、記者発表したりしていた。山本化学工業はこれらの発表を製品の宣伝に使っていた。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■飛来のトキ、新潟大に「入学」…学生証を交付
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091022-OYT1T00584.htm
■男性会社員の2割が睡眠時無呼吸症候群 京大教授ら調査
http://www.asahi.com/health/news/OSK200910220052.html
■社民・福島党首:所得税の最高税率上げ求む-インタビュー
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aX2njcq_YaBY
■新型インフル感染拡大 行事・授業大丈夫?
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_125619028445.html
■ネットブック次第…ウィンドウズ7発売「経済効果2.3兆円」
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/091022/its0910221329016-n1.htm
■大学退学求められ…祖父母殺害の24歳男に懲役30年 松江地裁
http://sankei.jp.msn.com/region/chugoku/shimane/091022/smn0910221631001-n1.htm
■教育現場、対応に苦慮 新型インフル県内拡大
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20091022_4
■「踏む」ボタン式信号機など発表 学生ら起業アイデアコンテスト
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102200049&genre=G1&area=S00
■徳島文理大 新型インフルに カテキンが効く?
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091022-OYT8T00338.htm
■HP、絶版書籍のオンデマンド印刷サービス「HP BookPrep」を発表
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/22/news032.html
■大学:建学精神や伝統を講義で…広がる「自校教育」
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091022k0000e040014000c.html
■東工大准教授らが立体視センサー開発 「両眼」で広範囲・高精度
http://www.business-i.jp/news/venture-page/news/200910220023a.nwc
■目指せ!女性も研究者 “先輩”4人学生にエール 九工大で講演会 「仕事と家庭両立は可能」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/129747
■廃校舎を交流・研究拠点に 金沢星稜大と石川・穴水町が協定
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/society/20091022-OYO8T00846.htm
■帝京大:ヘリのパイロット養成コースを理工学部に開設--来年4月に /栃木
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20091022ddlk09100234000c.html
■大学教授が日テレ提訴 光母子殺害番組めぐり
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20091022078.html
■ノーベル賞ウイーク:京大過熱 準備に職員奔走/報道陣、大勢待機 /京都
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20091022ddlk26040487000c.html
■岡山大創立60周年を祝う 330人出席し記念式典
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009102213490447/
■初年次と専門の橋渡し 学生の自立促す「2年次教育」
http://www.asahi.com/edu/ichioshi/TKY200910160321.html
■高校奨学金、滞納が9517万円 08年度末現在 
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002461679.shtml
■「所得格差」が「教育格差」を生む冷酷な現実
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/bpnet.cfm?i=20091021dl000dl&p=1
■弾痕?:東京理科大の改修フェンスに発砲か 拳銃など発見--東京・新宿
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091022ddm041040170000c.html
■明大が世界最大級マンガ図書館 200万点収蔵計画
http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY200910220497.html
■新型インフルワクチンを法定接種に、国立大医学部長ら要望
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091022AT1G2202D22102009.html
■明大が漫画図書館を開設へ 2百万点、世界最大級
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/195831.html
■世界最大級のマンガアーカイブ施設を設立へ
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/091022/tky0910222012007-n1.htm
■ワクチン接種、国の責任で=国立大医学部長会議が要望へ
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102200909

2009年10月22日

横浜市立大教員組合、「昇任人事の審査に当たって任期制への同意を求める手続きの廃止を求める」

大学改革日誌
 ∟●最新日誌(10月21日)
 ∟●横浜市立大学教員組合「学長に対する要求書」

10月21日 教員組合が、昇任審査にあたって、教学の長である学長を使って任期制への同意を強制するシステムについて批判し、撤回を求める文書(学長に対する要求書)を学長等関係者に提出した。この間、当局は、「任期制が大学の方針」などと、「改革」過程で非常に反対の強かった「全員任期制」をあくまでも全教員に強制するやり方を貫いてきた。その決定的な手法が、昇任審査において、任期制に同意していない教員に圧力をかけ、同意しているかどうかを判断基準にして、昇任審査を進めるかどうか、決めていることである。

 一方で、昇任には、普通の大学と同じように業績基準がある。これは当然のことである。

 しかし、他方で、本法人では、さらにその上に「任期制への同意」を条件としているわけである[1]。

 事実、任期制に同意しない教員については、昇任差別を行った。三人の教員については8カ月ほど昇任を遅らせた(うち一人は、その差別的措置の間に他大学への転出を試み、それに成功したが、その転出直前に昇任を発令した)。その三つの事例を「例外」として、その後は、「任期制に同意していること」を条件に、昇任審査を行っている。

 この間、組合の会議で確認できた限り、昇任した教員はすべて任期制に同意させられている。逆に、任期制への同意を拒絶している人々は、本学を去っているか(准教授から教授への昇任が「経営上の理由」を根拠として先延ばしされている間に、いわゆる一流大学に教授として転出した)、そもそも、そのような実質的な任期制への同意強制を避けるため、昇任審査に臨もうとしていない。

 昇任と任期制同意を結びつけるやり方は、不利益措置であり(大学教員任期法によるならば、京都大学井上事件が示すように、業績の有無・多寡にかかわらず任期満了で雇い止め・解雇することは合法であり当然となるし、本学のように労働基準法第14条の特例措置を適用するとすれば、3年なり5年なり、身分移動の自由を束縛することになる、本学の場合、「任期制」の二つの側面が複雑に絡まりあっている・・・いずれにしても当該教員にとって身分上、重大な不利益・不安定措置以外の何物でもない)、違法であるとの立場を、特に文科系教員を中心に、教員組合は繰り返し表明してきたところである。

 当局は、その法的問題を真剣に再検討することなく、任期制同意を事実上、昇任を契機に、教員に押し付け、強制している。今回の組合の要求書は、そのことを示している。
 なぜそのようなことが可能なのか?

 市長任命の理事長以下、「市当局」の観点だけから、物事を進めることができるようになっているからである。事務局長は元市職員、幹部職員は2-3年で「出世して」帰還する市派遣職員、というシステムが、「任期制」を業績競争・業績評価の鞭として多かれ少なかれ必要と共感する人々(主観的な「勝ち組」)と一緒になって、こうしたことを可能にしている。
 そこでは、「任期制に同意」すれば、業績の点でははるかに上の「非同意教員」よりも先に昇任する、といったことが可能になる。業績基準と「任期制同意の基準」とは、ここでも矛盾を生じる。

 「改革」、法人化後の学長が、当局任命(大学構成員による秘密自由の選挙なしの「上から」「外から」の任命)であって、そうした「当局」によって選任された以上、教員組合に寄せられた非公式情報では、学長が該当者に任期制に同意するよう電話をかけたりしたという。ある若手教員は、それでも最初の年は拒否したが、次の年には任期制に同意して昇進したという。実際にどうなっているかは、客観的な事実において、文書書類で検証されるべきであろう。

 認証評価に関する評価委員(学位授与機構から派遣された委員)の訪問調査に際して、評価委員は、「Q.昇任の規程について9条3項に新たな労働契約についてとあるが、これは任期制を了解することとセットになっているのか?任期制を認めなければ昇任は認めないということか?」と問いただしている。

 当局の回答は、明確に「Yes」といえば違法となること(少なくとも教員組合が一貫して批判している問題点を孕むこと)を知っているものとなっており、当局に責任がおよぶかたちでの返答を避けている。
 すなわち、質問への焦点をずらして、「A:昇任の推薦があった場合、推薦した方から本人がその契約に了解するとの報告をもらっている」と返答している。責任を、「推薦者」に押し付けているのである。学長は自ら副理事長として、「任期制同意の状態を審査の前提とする」旨の文書を出して、明文でもってその責任を負っており、さらに、学長名の文書を学部長や研究科長に出すことで、学部長や研究科長に責任を転嫁する、分担させるという構造になっている。
 これは、「昇任を手段とした任期制の強制」を明言することが危険(問題化する)と知った上での法人当局の返答の仕方であろう。そうでなれば、明確に{YES}と答えればいいのである。
 問題がないのであれば、なぜはっきりと「YES」といわないのか?「YES」といえないところに、問題の焦点がある。

 教員組合のこれまでの文書の数々、そして今回の要求書が示すように、個々の教員に対する実質上の強制(不利益措置)が現実には行われ続けている。これは、コンプライアンス(倫理法令順守)を掲げる法人(学長も副理事長である)にふさわしくないことを示しているであろう。

 しかし、学位授与機構の評価委員が、果たして、こうした問題をその評価において明確に適切に指摘するかどうか、予断を許さない。

 本学の統治システムは、市長が任命する理事長以下で構成する経営審議会優位である。大学の「自主・自立」が各種文書にちりばめられてはいるが、実態は、まったくそうなっていない。そのことを端的に示すのが、学長以下の管理職の任命における大学構成員の民主主義的な意思確認の徹底的な排除である。どこにも選挙規定がない。この間、民主的な選挙制度が検討された形跡さえない。したがって、本学の教学や中期計画に関する全文書は、憲法についてわが国を代表する規範的テキスト・芦部憲法の見地によれば、憲法第23条が求める大学の自治・学問の自由の制度的保障に求められる「大学の自主的判断」という基準をクリアするものではない。

 そうした当局の態度を批判しているのが教員組合である。前回のウィークリーで問題視された「提案BOX」は、教員の下からの各種意見を適当に当局(憲法23条が求めるような「大学の自主的判断」を形成するシステム、大学統治における民主主義的正統性などを欠如した当局)の好みに従って、その意味で「つまみ食い」できるシステムである。「提案BOX」の危険性の指摘、注意喚起の意味は、そこにあろう。

 「任期制への同意は手続き上の問題である」と当局はいうが、いったいそれはなにを意味するのか?
 「同意」が「手続き」とは?
 普通の常識的理性的な日本語なら、「同意」は同意であり、「手続き」とは全く別のことである。あえて、そのような意味不明のことを回答するところにも、「倫理法令順守」という見地から見れば、問題があろう。
 教員組合は、法人化後の採用にあたって、「任期制」の公募に応じてきた教員の身分の安定化のために最大限の努力をしてきた(テニュア制度の早急な導入を求め、その実現以前にも非更新の可能性を厳格に制約するため)が、法人化への移行にあたって任期制への同意を拒否した教員(認証評価委員への当局答弁では、非同意が「3割」いるとされる)への不利益措置をも許さないとの見地に立っているわけである。
 現在の教員評価制度が、結局のところ、「上から」、「外から」任命した管理職によって運営される以上、公平な評価に対する懸念は大きいものとならざるを得ない。この間、実際に教員評価に基づく差別的昇給が行われ始めたが、だれに、どの程度プラスされたのか、その全体像は秘密のヴェールに包まれている。「秘密のヴェール」は、疑惑・疑念の発生基盤である。

----------学長に対する要求書-------------

2009年10月15日

公立大学法人横浜市立大学
学長 布施 勉 殿

横浜市立大学教員組合
執行委員長 山田俊治

要求書

 教員組合は、教員の教育・研究条件の向上を図るとともに、教育現場から本学の真の改革を目指して取り組んできたが、昇任人事の審査に当たって任期制への同意を求める文書(「教授・准教授及び助教昇任候補者の推薦について」平成21年10月1日学長発)について、労働条件の重大な変更に関わる問題として見逃しがたく、再度その文書の取り下げを要求する。

 平成20年2月4日の団交において、任期制への同意は手続き上の問題であると回答していたが、任期制が人生を左右する雇用関係になっている教員にとっては、単なる手続き上の問題ではありえない重大な雇用関係の変更になっている。また、学長が「任期制への同意状況等も判断に加味した上で」人事委員会へ諮問をすることは、教学の長である学長が雇用関係にも踏み込むことであり、労働契約の相互性を犯すものとして許されるものではない。第7回合同調整会議議事録でも、認証評価委員から昇任規程と任期制の関係について疑義が提出されているように、本来合理的な根拠をもたない規程によって、これまでにも、優秀な教員を失ってきたことに鑑み、昇任人事の審査に当たって任期制への同意を求める手続きは、廃止することを求める。


大学評価学会、公開ワークショップ「高等教育における「無償教育の漸進的導入」をどう具体化していくか」

大学評価学会

大学評価学会第29回研究会(公開ワークショップ)のご案内

・日時:2009年11月14日(土)13:30~17:00
・場所:早稲田大学(早稲田キャンパス) 3号館1階103教室
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
169-8050 新宿区西早稲田1-6-1(地下鉄東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分)
・テーマ:高等教育における「無償教育の漸進的導入」をどう具体化していくか
・趣旨:
 国際人権A規約(社会権規約)第13条第2項に謳われた「無償教育の漸進的導入」は国際社会の認識の到達点である。しかし、同項(b)(c)に関して、1979年の批准の際に、日本政府が「規定の適用にあたり、これらの規定にいう『特に、無償教育の漸進的な導入により』に拘束されない権利を留保する」ことを宣言して以降、「有償教育の急進的急騰」が進められ、教育権(学習権)は侵害され続けてきた。
 一方、1990年代以降強まった新自由主義経済政策のもとで、格差・貧困問題が深刻化し、先に行われた衆議院選挙では「構造改革」路線の問題点が厳しく問われることとなった。教育においては、(経済的)格差・貧困がもたらす教育格差(差別)の問題をどう克服、改善していくかが焦点となり、新政権のもとで後期中等教育(高等学校)については「無償化」が現実のものとなりつつある。高等教育(大学等)においては、給付制奨学金制度の創設が課題として共通の認識となってきている。
 このようなもとで、わたしたちが究明すべき課題は、「『無償教育の漸進的導入』を具体的にどう進めていくか」ということである。わたしたちの取り組みは新たな段階に達したと言えよう。
 例えば、「国からの補助金はどのように大学に投入すべきか、直接か間接か」、「大学の管理・運営はいかにあるべきか」、「教職員の給与の水準はどうあるべきか」、「国公立と私立の関係はどうなるか」、「入学金や授業料は漸進的にどのように無償化に向かうべきか」、「奨学金制度のあり方はどうすべきか、給付制の奨学金と無利子・有利子の奨学金との関係をどうするか」、「漸進的無償化は学生の学習にどのような影響を与えることになるか」、「教育・研究内容への影響はどうか」、「民・産・官・学の連携はどうなるか」等々、検討課題は山積みである。
 そこで、本ワークショップでは、さまざまな分野から高等教育における「無償教育の漸進的導入」について、具体的に何を問題にすべきかを議論し、今後の取り組みに生かしていきたいと考えている。
・主催:大学評価学会
・共催:国民のための奨学金制度の拡充をめざし、無償教育をすすめる会
 全国大学院生協議会
 全日本学生自治会総連合
 日本高等学校教職員組合
 民主教育研究所 (以上、アイウエオ順)
・プログラム
13:30~13:35 趣旨説明 細川孝さん(司会、大学評価学会)
13:35~14:05 基調報告 三輪定宣さん(大学評価学会理事)
14:05~15:35 各分野からの発言
 学生の立場から 全日本学生自治会総連合から(報告者未定)
 高等学校の現場から 小池由美子さん(日本高等学校教職員組合副委員長)
 大学院生の立場から 秋山道宏さん(全国大学院生協議会議長)
 奨学金について 藤井和子さん(日本学生支援機構労組執行委員長)
 貧困と子どもの発達の現状について 民主教育研究所から(報告者未定)
 大学法人経営の課題について 重本直利さん(大学評価学会事務局長)
(休憩、15:35~15:45)
15:45~17:00 討論
17:00~17:10 まとめ
以上

大阪府立大学、奥野理事長の計画

大阪府立大学 情報 (非公認)
 ∟●奥野理事長の計画

 橋下知事の公立大学法人 大阪府立大学廃止の方針で検討を行っていますが、本法人の奥野理事長は人間社会学部及び経済学部等の文系学部を廃し、7学部から大幅縮小し4学部とし、理系大学とする計画を検討中だそうです。
 来年度の受験では文系の募集はなくなるのかもしれませんね。……

大学行きたい、修学旅行行けない…貧困率15%

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091020-OYT8T01130.htm

 長妻厚生労働相が20日公表した「相対的貧困率」では、国民の15・7%が、国内の平均的な所得水準を大きく下回る“貧困層”であることが明らかになった。

 日本の相対的貧困率は諸外国と比較しても高率となっており、背景には、非正社員の増加などによる格差拡大があるとみられる。生活に困窮する人々から悲鳴が聞こえてくる。……


その他大学関係のニュース(主に大学別)

■「パーン」東京理科大で銃声 拳銃発砲か
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091021/crm0910211651024-n1.htm
■大学ブランド食材が続々 ビジネス展開も視野
http://www.zakzak.co.jp/life/gourmet/news/20091021/grm0910211633003-n1.htm
■東京理科大:神楽坂の改修中校舎壁に弾痕?
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091021k0000e040076000c.html
■ハーバード大学は基金運用担当者の賞与返上額公表を-卒業生グループ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aCpR6.dmBdxA
■酪農大が文科省支援事業に 洞爺湖などで環境調査
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/195497.html
■新型インフルエンザ:追試や別日程の受験料免除 山形大、芸工大が検討 /山形
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20091021ddlk06040072000c.html
■“法教育”に取り組む院生を表彰 東京大学
http://www.news24.jp/articles/2009/10/21/07146210.html
■四国学院・瀬戸内学院:協力・支援協定結ぶ /香川
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20091021ddlk37040601000c.html
■東京理大の工事現場フェンスに銃弾か
http://www.mbs.jp/news/jnn_4263863_zen.shtml
■平成22年度国立大学法人等施設整備概算要求
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/10/1285880_1520.html
■教員免許更新制等の今後の在り方について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/10/1286053.htm
■静大と沼津高専が協定締結
http://www.tv-sdt.co.jp/nnn/news8803077.html
■「バイオラバーがんを抑制」大学教授の論文、宣伝に利用
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200910210015.html
■島根大学旧奥谷宿舎がミュージアムに
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515780004
■全教育機関を閉鎖、大学での自爆テロ受け パキスタン政府
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200910210026.html
■米大学の学費、4%以上上昇 公私ともに過去最高
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200910210025.html
■東京理科大:拳銃や弾痕発見 校舎向け発砲か
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091022k0000m040043000c.html
■米HP、古書をネット経由で印刷販売
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091021AT2M2102L21102009.html

2009年10月21日

原口一博総務大臣宛公開書簡「中田宏前横浜市長は総務省顧問として全く不適切」

学問の自由と大学の自治の危機問題
 ∟●原口一博総務大臣宛公開書簡:「中田宏前横浜市長は総務省顧問として全く不適切」(2009年10月19日)

Fax to 03-3508-3238 (東京事務所 〒100‐8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第1議員会館238号室)
原口一博総務大臣宛公開書簡:「中田宏前横浜市長は総務省顧問として全く不適切」(2009年10月19日)

原口一博総務大臣殿

私は、4年半ほど前まで横浜市立大学に勤務しておりました佐藤真彦と申すものです。

昨日(10月18日)の asahi.com ニュースにおいて、「総務省が、橋下徹大阪府知事や中田宏前横浜市長ら地方自治体の現旧首長クラス約10人に、省顧問への就任を打診したことが17日、わかった。原口一博総務相は「国と地方の対等な関係の実現」を掲げている。地方分権の推進を主張する首長らの助言を、改革にいかすのが狙いという。」との報道があり、大変驚愕しております。

原口大臣が総務省顧問への就任を打診されたと伝えられる中田宏前横浜市長は、そのような重責を担う人物として全く不適切であると考えております。

その理由は、私が管理しているホームページ「学問の自由と大学の自治の危機問題」
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/kikimondai-index.html に掲載した

●“市民派”中田市長のダーティーな素顔 
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/nakada.html 

■中田宏横浜市長、“無責任”辞任騒動 『全国国公私立大学の事件情報』(2009.8.6)
http://university.main.jp/blog7/archives/2009/08/post_516.html および

■仙石由人行政刷新担当大臣宛公開書簡、「前横浜市長 中田宏氏の件」(2009.9.25)
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/09-09/090925nakada-sengoku.htm

を御覧ください。

なお、最後の「仙石由人行政刷新担当大臣宛公開書簡」は、下記にも添付してあります。

中田氏の如き全くの不適格者を総務省顧問のような重要なポジションに登用すれば、将来に重大な禍根を残すことは明らかです。
古来より、『過ちて改むるに憚ること勿れ』とあります。
原口大臣の賢明なる御判断を願ってやみません。

佐藤真彦

追伸 なお、本書簡は、私のホームページにて公開することと致します。

国立大学法人32大学理学部長会議、「理学の教育と研究に対する基盤的支援の充実について(提言)」

京都大学理学研究科

国立大学法人32大学理学部長会議からの提言

理学の教育と研究に対する基盤的支援の充実について(提言)
―かけがえのない自然を理解し、共存する豊かな人類社会を実現するために―

国立大学法人32大学理学部長会議
平成21年10月9日

 理学とは、自然界に潜む原理や法則という普遍的真理を探究する学問であり、理学系の学部と大学院は、自然界の未知なる領域に果敢に挑戦する若者に、高度な教育と最先端の研究の場を与え、それらを通して自然とともに共存する人類社会を作り出すことを目指してきた。とりわけ科学技術立国を目指す我が国にとって、理学系の学部と大学院における教育と研究の振興は、最も重要な基盤的要素である。そして、すぐには実用には結び付きにくいという学問の特殊性により、理学の教育と研究のさらなる充実とその発展には、国立大学法人の役割がとりわけ重要である。

 しかしながら、現在も進行中の大学改革の流れの中で、運営費交付金が毎年削減され、一方で、研究経費はもちろんのこと教育経費すら過度に競争的資金に集中している。それゆえ、教職員が漸次削減されていく中、研究の面では短期的な成果や直接的な産業界への還元が重視されることになり、また、教育の面では新規のアイデアを取り入れた教育プログラムが要求されるにいたった。これらの状況を反映して、多くの国立大学法人では、本来あるべき長期的視点による教育と研究に支障を来しており、後継者の育成や研究の安定的継続が困難になってきている。現在、私たちはこの困難な環境のもと、最大限の力を振り絞り教育と研究の質の低下を招かぬよう努力しているものの、限界を迎えつつあると言っても過言ではない。今こそ、運営費交付金という基盤的経費の充実により、理学の教育と研究の振興を図り、独創的研究の推進と若手研究者の育成とを担保する制度設計をしなければならない。

 以上の趣旨に則り、我々は以下の提言を行う。

1.基盤的経費による安定的な教育と研究の活動の保証
 教育経費や研究経費に対する過度の競争的資金への依存を是正し、長期的かつ安定的な教育と研究を保証する資金投資の仕組みとして、運営費交付金に代表される基盤的経費を充実させること。

2.理学の教育と研究の評価のあり方の再検討
 国立大学法人の中期目標・中期計画の設定と評価のあり方を再検討し、短期的成果や直接的社会還元に過度に依存した評価を廃して、理学に代表される基盤的研究と教育とを長期的視点で計画し、充実させる、基礎科学評価と呼ぶべき新しい評価方法を構築すること。

3.人材育成システムの構築
 研究者育成の成果を短期的に判断することを避け、大学院修了者のキャリアパス形成のための社会全体を通した制度を構築すること。たとえば、給付型を含む奨学金の充実、大学院生への各種経済支援、女子学生や留学生増加策への長期的支援、就職活動による教育への弊害の排除、企業や行政官庁への博士号取得者の積極的雇用策の導入等を行うこと。


[ニュース報道]
理学部長会議、短期的成果偏重の大学交付金改善求める

大阪府立大、理系特化へ、改革案検討、11年度にも

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102000186&genre=A2&area=O10

 大阪府の橋下徹知事が存廃を含めた抜本的な改革に乗り出す方針を示している大阪府立大(堺市)が、現在の7学部を理系に特化した4グループに再編する改革案を検討していることが20日、分かった。……

[関連ニュース]
大阪府立大、理工系に特化 橋下知事が“廃止案”、生き残りかけ学部再編検討
総合大を再編 理工系特化で競争力強化…大阪府大・改革素案が判明

各国立大学の第2期中期目標・中期計画の素案(平成21年6月)

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/1285558.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/1285557.htm

教育費の負担、家計に頼るのは限界だ

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2009102002000042.html

 教育への日本の公的支出は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最低レベルだ。それでも高い教育水準は家計が支えているから維持されている。もはや限界であり、公的負担を増やすしかない。

 OECDによると、日本は二〇〇六年国内総生産(GDP)に占める教育費のうち、国や自治体が支出した公的割合が3・3%だった。比較可能な二十八カ国のうちで下から二番目だから、不名誉な数字といえる。……


その他大学関係のニュース(主に大学別)

■経産省、成長戦略策定へ有識者会議
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091020AT3S2000R20102009.html
■扶養・配偶者控除廃止 どう動く
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20091020-OYT8T00352.htm
■東北大・ロ科学アカデミー2支部 共同研究推進へ覚書
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091020t15028.htm
■「科学者発掘計画」始動へ 目指せ!「第2の下村博士」 長崎大と県教委
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/129283
■連携協定:藤沢市と慶大湘南藤沢キャンパス、地域発展や人材育成で /神奈川
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20091020ddlk14010271000c.html
■母子加算12月から復活 対象は10万世帯
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2009/10/20/20091020010009481.html
■富山大が学生自治会の3学生提訴 部屋の明け渡し求め
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091020-OYO8T00862.htm
■酒気帯び容疑、近畿大教授を逮捕…教授室で焼酎
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091020-OYO1T00626.htm?from=main2
■若手研究者支援プログラム、文科省が新規募集打ち切り
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/20091020-OYO8T00364.htm
■[教員養成6年制]教育力を向上するには
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-10-20-M_1-005-1_001.html
■教員養成 6年制は課題が多い
http://www.shinmai.co.jp/news/20091020/KT091019ETI090023000022.htm
■帝京大が操縦士養成へ ドクターヘリで需要増
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102001000037.html
■神戸大図書館から古書を盗んだ疑いで無職男を逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091020/crm0910202204048-n1.htm
■九大に高等研究院 ノーベル賞級の研究者を支援
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/129485
■医大の産学官研究拠点整備困難/補正見直し
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=200910209

2009年10月20日

サイト紹介、長崎県立大学懲戒処分事件

長崎県立大学懲戒処分事件を考える会

長崎県立大学で起こったこと(長崎県立大学懲戒処分事件)のあらまし。

 長崎県立大学は、創業を要請して兼業従事を支援してきた過去を無かったかのように態度を翻して、大学発ベンチャーを失敗した教員に言われ無き懲戒処分を下しました。

 長崎県立大学は長崎県の提案する大学発ベンチャー事業を推進してきました。事実上、長崎県立大学は教員にベンチャー企業の創業を依頼し、これに応えて創業した久木野教授(看護栄養学部)にはできるだけの支援を行うと約束してきました。
 長崎県立大学は大学発ベンチャーを起業する教員には兼業従事許可を与え、学務に支障がないことを確認して毎年兼業許可を更新してきました。県議会の委員会でも長崎県立大学は学務に支障は無かった旨を回答しています。
 しかし、大学発ベンチャーが失敗して会社が破産した時、長崎県議会は補助金(税金)を無駄にしたことの責任を誰かが取らなくては県民が納得しないと主張し、教員と長崎県立大学を非難するようになりました。また、失敗した教員を処分しないような大学の予算は認められないと県議会は強硬な批判を繰り返すようになりました。
 長崎県立大学は、県議会からの批判をさけるためか、起業を要請して兼業従事を支援してきた過去を無かったかのように、全ての責任は教員にあるとの姿勢に豹変しました。
 長崎県立大学は、過去5年間に一度も問題としてこなかった、勤務の振り替え表の提出がなされていなかったいう事務手続きを処分理由として、また、他の教員と同じように勤務して学務に支障が無かったことを認めながら(懲戒の法的根拠が無いのに)、教員に懲戒処分を下しました。

 なぜ、このような事件が長崎県立大学で起きたのでしょうか。……


私大の補助金増額を教職員組合が要望

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910190231.html

 日本私立大学教職員組合連合(私大教連)は、10年度予算で私大の経営費の補助を増額するよう求める緊急要望書を文部科学省に提出した。

 私大教連によると、私大の経常費支出総額に対する補助割合は、1980年度は29.5%だったが、07年度は11.1%まで下がった。特に学生や専任教員の数などで金額が決まり、私大の基盤経費となっている「一般補助」の削減幅は大きく、09年度までの28年間で、1大学あたり3億6千万円から2億2千万円へと4割減った。要望書は「地方や中小規模の大学は存続が危ぶまれる事態に直面している」としている。……


高校・大学の連携テストは学習達成度に重点、文科省委員会

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910190242.html
  

 高校段階の学力を測り、大学入試などへの活用も想定されている「高大接続テスト」(仮称)。そのあり方を議論してきた文部科学省の委員会が、テストの基本的な性格をまとめた。1回だけでなく、複数回の受験機会を設け、本人の学習の達成度をみる試験として導入を検討することでまとまった。各大学の推薦入試やAO入試は、このテストと組み合わせて合格者を決めることを想定している。……

労組、「ダサくない」大学生ら8割回答 全国8大学などに意識調査

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091019dde041040040000c.html

 8割が労組をダサいと思わない--。労働問題を研究する民間のシンクタンク「労働運動総合研究所」が大学生、短大生1200人余りを対象に労働組合に対する意識調査をしたところ、こんな結果が出た。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■サテライトの役割を再点検 和歌山大学
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=177288
■女子大の役割考えるシンポ
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091019-OYT8T00456.htm
■佐野短大3学科を統合、再編へ 学生・地域のニーズに対応
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20091019/221613
■APUに1、5億円の新奨学基金
http://www.e-obs.com/obs-news/genko/DD10190011109.html
■理数離れにストップを…龍谷大理工学部が「研究室公開」
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091019-OYO8T00719.htm?from=ichioshi
■職業教育の充実へ9校連携 「短期大学コンソーシアム九州」
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910190287.html
■「思想の科学」50年間の意義 早稲田大で24日にシンポ
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/lecture/20091019-OYO8T00562.htm
■あしなが奨学金 不況でピンチ
http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000000910190001
■政権交代、揺れる教員制度 現場や大学に戸惑い
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200910190024.html
■県立大短大部 大学祭を中止
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000910190001
■新政権、教育も「人」に重点 文科省予算要求をよむ
http://www.asahi.com/edu/tokuho/TKY200910190247.html
■教授室で焼酎、運転の近大教授当て逃げの疑いも
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091019-OYT1T01067.htm
■詐欺容疑:TDR子会社被害、国立大職員ら2人逮捕 千葉
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091020k0000m040097000c.html
■「奨学金で将来に希望」 あしなが育英会が募金呼びかけ
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910190233.html
■行刷相「厚労省を3分割」 文科省と併せ再編案
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091019AT3S1800W18102009.html
■仙谷行政刷新相:厚労省3分割を提案 文科省と再編
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091019ddm002010117000c.html

2009年10月19日

持続可能な世界は大学がけん引、世界7大学が共同声明

http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2009/10/16/0800000000AJP20091016003100882.HTML

 ソウル大学で16日に「2009世界大学総長フォーラム」が開催され、出席したソウル大学をはじめとする世界の名門大学7校は、「大学が率先して環境保護の手本となる」とした共同声明を採択した。持続可能性は大学の社会的責務だと主張し、持続可能な世界を実現する責任を分担し、これをリードしていく模範になると宣言した。……

6年制薬学部の入学定員に「多過ぎ」の批判も

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24809.html

 文部科学省は10月16日、「薬学系人材養成の在り方に関する検討会」(座長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)の第5回会合を開いた。前回会合から約半年ぶりの開催で、同検討会が今年3月に同省に提出した「第一次報告」を振り返った後、大学(学部)教育の在り方について、事務局が提出した資料を基に委員らが意見交換した。意見交換では、6年制の薬学部の入学定員数について、複数の委員から「多過ぎる」と問題視する声が上がった。……

4年制化求め市長に要望書、京都市立看護短大同窓会が提出

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009101600206&genre=A2&area=K00

 京都市が市立看護短大を廃止し、佛教大が新設する看護学科に協力する方針を示していることについて、同短大の卒業生でつくる「あかね同窓会」が16日、市立のまま4年制化することなどを求める門川大作市長あての要望書を提出した。……

院生の交通事故死は過労原因、鳥取大に2千万円賠償命令

http://www.asahi.com/national/update/1016/OSK200910160088.html

 鳥取大付属病院(鳥取県米子市)で医療行為にあたっていた鳥取大大学院生が交通事故で死亡したのは病院での過重労働が原因として、両親が約1億5千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、鳥取地裁であった。朝日貴浩裁判長は事故と過労の因果関係を認め、安全配慮義務違反があったとして鳥取大に約2千万円の支払いを命じた。……

[同ニュース]
医師の交通事故死「過労が原因」と鳥取大に賠償命令
徹夜勤務医大院生事故死で2000万支払命令
医大院生は勤務医と同じ 「過労で交通死」鳥取大に賠償命令
大学に「労務管理」求める判決 鳥取大病院の院生事故死

教員養成6年制、志望者が減少しないか

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2009101602000040.html

 教員の資質向上策として養成期間を六年とし、修士号取得の義務化が検討されている。大学院を増やさなくてはならず、学生には時間と学費の問題が生じる。教員志望者が減ることにならないか。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■大学団体、受験機会の確保に配慮 新型インフル
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/influenza/194717.html
■日本留学ブーム再燃!就職難と日本政府「留学生30万人計画」が要因か―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=36267
■新卒や貧困者の就職を支援 政府の雇用本部が初会合
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/194655.html
■徳島大学、新学長に香川征氏 2010年4月、正式発令
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2009/10/2009_125565741754.html
■高校無償化に4600億円計上 概算要求で文科省
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091016AT3S1502N15102009.html
■「存在感ある徳島大に」…新学長に香川・付属病院長
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/education/20091016-OYO8T00493.htm
■ホテルが大学に、桜美林学園が厚生年金施設を落札
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091016-OYT1T00007.htm
■もみじ銀と広工大が連携へ
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910170037.html
■桜美林学園が25億円で落札 ウェルサンピア多摩
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/091016/tky0910161639016-n1.htm
■下関市立大教授のハラスメント:学長陳謝、再発防ぐ 解雇教授「納得できぬ」 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091016ddlk35040313000c.html
■徳島大学の次期学長に選ばれた香川征(かがわ・すすむ)さん
http://www.topics.or.jp/special/12254542636/2009/10/2009_12556614042.html
■連携協定:北秋田市と秋田大、産業振興などで締結 /秋田
http://mainichi.jp/area/akita/news/20091016ddlk05010039000c.html
■新教育の森:ほっかいどう 北方系薬用植物の研究 北海道医療大 /北海道
http://mainichi.jp/hokkaido/news/20091016ddlk01100015000c.html
■下関市立大、男性教授を諭旨解雇 複数学生にセクハラなど7件
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091016-OYO8T00344.htm
■徳島大学長に香川氏を選出
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000000910160001
■甲南大と推薦入学協定締結へ 神戸市立高校校長会
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002445873.shtml
■来年度科研費、二種目の新規募集課題の公募を停止
http://slashdot.jp/science/09/10/16/1116234.shtml
■教科書採択 全市で一本化
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000000910160005
■大学連携、講義など共同PR 秋田市内の高等教育機関
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091018t43034.htm
■あしなが学生募金協力訴え 福島で大学生ら30人
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=&blockId=4096477&newsMode=article
■松川事件資料室存続へ 福島大、研究員と契約更新
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091018t63012.htm
■新型インフル感染受験生に追試 国立8大学が救済策
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910170443.html
■名古屋大学:70周年行事 ノーベル賞の益川さんらが参加
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091018k0000m040103000c.html
■看護学カリキュラムの内容・評価方法検討へ―文科省検討会
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24815.html
■大学院生事故死:大学に賠償命じる 過労認める 鳥取地裁
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091017k0000e040041000c.html
■廃棄物ゼロの大学に…大阪府立大が小型プラント
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091017-OYT8T00303.htm
■来年入試で人気になりそうな学部・学科系統 不況反映、人気の経済系半減
http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200910170023a.nwc
■松川事件:発生60年 福島大で1000人集会 資料室、存続の危機 /福島
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20091018ddlk07040097000c.html
■女子大生が環境対策、全国1位のエコ大学はフェリス女学院/横浜
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910180012/
■マンガで生存圏研PR…京都大生存圏研究所と京都精華大
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091018-OYO8T00303.htm
■仙谷行政刷新担当相:厚労省3分割を提案 文科省と再編
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091019k0000m010068000c.html

2009年10月16日

新首都圏ネット、緊急学習・討論集会「国公立大学の発展を阻む国立大学法人法・地方独立行政法人法体制の抜本的変革へ向けて」の案内

新首都圏ネット
 ∟●緊急学習・討論集会「国公立大学の発展を阻む国立大学法人法・地方独立行政法人法体制の抜本的変革へ向けて」の案内

緊急学習・討論集会「国公立大学の発展を阻む国立大学法人法・地方独立行政法人法体制の抜本的変革へ向けて」の案内

2009年10月13日  国立大学法人法反対首都圏ネットワーク事務局

鳩山政権成立以降,自公政権の政策の見直しが急ピッチで進められています.

民主党のマニフェストや公表されている高等教育に関する個別政策の中には,国立大学運営費交付金の削減方針の見直しや国立大学病院運営費交付金の確保など注目すべきものも含まれています.また,鳩山首相も総選挙のさなか8月23日に行われた党首討論の中で自公政権の行った国立大学の法人化は誤りだったと述べています.

しかし,奨学金制度の充実,教員養成システムなどについては,文部科学大臣や副大臣なども会見で触れて現実的課題とされているものの,国立大学に関する具体的な政策課題や基本方針はまだ明らかにはされていません.第二期中期目標期間を迎えるにあたり,来年度予算案作成に向けて鳩山政権が準備を進めている段階で,私たちから具体的な要求を新政権に突き付けることが,今求められています.

そのために,国立大学法人体制の位置づけや,鳩山政権の性格,さらに緊急に改善すべき国立大学法人法の問題点や,地方独立行政法人法に縛られている公立大学法人の問題なども含め,下記のように学習討論を深める集会を緊急に開催することとしました.

2003年の国立大学法人法制定に反対した多くの皆さん,法人化の歪の中で様々な問題を抱え、その打開を検討・模索している多くの皆さんの参加を訴えるものです.

緊急学習・討論集会「国公立大学の発展を阻む国立大学法人法・地方独立行政法人法体制の抜本的変革へ向けて」

主催:国立大学法人法反対首都圏ネットワーク事務局・東京大学職員組合
後援:全国大学高専教職員組合

日時
 2009年10月25日(日) 12時30分~18時

場所
 東京大学本郷キャンパス 旧理学部1号館 150室
  http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_08_j.html
入口は建物の南側(上記URLの地図では右側)にあります.

プログラム
 趣旨説明
 報告
  国立大学法人法体制の歴史的背景と民主党政権の高等教育政策(仮)
    小沢弘明(千葉大学)
  国立大学法人法の問題点と緊急に修正すべき点(仮)
    国立大学法人法首都圏ネットワーク事務局
  地方独立行政法人法と公立大学(仮)
    進藤兵(都留文科大学)

 国公立大学をとりまく問題
  運営費交付金制度
  医学部と附属病院
  全職種に急速に拡大する非正規雇用
  学生の困窮と学費
  若手養成とポスドク
  そのほか
 
 各大学からの報告と討論
 
 法人法体制の抜本的変革へ向けて

参加費
 資料代等1000円を予定

プログラムはまだ確定しておりません.追加の情報は,本事務局のHP
(http://www.shutoken-net.jp/)に随時掲載するので,ご注意ください.

問い合わせ先
 国立大学法人法反対首都圏ネットワーク事務局
 電子メールアドレス info@shutoken-net.jp 
              (@を半角にしてお使いください)

大学授業料の減免を拡充、13万5千人に 文科省が方針

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091015AT1G1404S14102009.html

 文部科学省は14日、授業料減免を受けられる国私立大の学生数を現行の10万5千人から13万5千人程度に拡充する方針を固めた。経済的に困窮する学生への支援策として、国立大運営費交付金や私学助成金を増額する方針で、15日に提出する来年度予算の概算要求に必要経費を盛り込む。困窮する高校生の低所得世帯についても、制服代や教科書代などを給付する制度の創設を検討する。……

[関連ニュース]
文科省、奨学金制度充実など上積み
授業料減免を13万人に拡充 文科省、国私立大学生に

下関市立大の男性教授、セクハラで諭旨解雇 本人は否定

http://www.asahi.com/edu/news/SEB200910150008.html

 山口県下関市の下関市立大(坂本紘二学長)は15日、複数の学生に対してセクハラやパワー・ハラスメント(地位を利用した嫌がらせ)をしたとして、経済学部の男性教授(52)を諭旨解雇処分にしたと発表した。大学は7件のセクハラなどを認定しているが、男性教授は大半の事実を認めていないという。 ……

[同ニュース]
下関市大教授が学内で十数人にパワハラ・アカハラ、諭旨解雇

高校無償化やメディア芸術振興…概算要求・文科省

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091015-OYT1T01144.htm

 文部科学省は、公立高校授業料の実質無償化に4501億円を盛り込んだほか、低所得世帯を対象に、授業料以外の入学料や教科書代に充てる奨学金を創設するとして123億円を要求した。

 大学病院の機能強化や大学生向けの奨学金の拡充の要求額は未定で、「予算編成の中で関係閣僚で協議する」(川端文科相)としている。……


[関連ニュース]
高校無償化に4624億円=8.98%増の5.7兆円-文科省概算要求
10年度予算:高校奨学金に給付型…文科省概算要求
文科省、高校無償化に4624億円要求
概算要求、最大の90兆円台 子育て・教育費が増
概算要求、一般会計は過去最大の90兆円超

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■統合失調症に新たな原因遺伝子 岐阜薬科大が発見
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091015AT1G1404E15102009.html
■青山学院大、講義資料を学生のiPhoneに配信
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/15/news045.html
■教員養成改革、早期実現に意欲…鈴木文科副大臣
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091015-OYT8T00353.htm
■裁判官が「普天間」視察 爆音控訴審/原告宅で低周波測定
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-10-15-M_1-033-1_002.html
■普天間爆音訴訟控訴審 高裁裁判官が現地調査
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-151264-storytopic-1.html
■公共性とビジネスの狭間で 国会図書館、書籍電子配信の取り組み
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/15/news020.html
■教員:養成課程を6年に延長 民主党政権が導入へ
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091015k0000m010135000c.html
■慈恵医大の医療過誤訴訟 原告ジャーナリストの訴え棄却 東京地裁
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091015/trl0910151555011-n1.htm
■関東学院:新理事長に飯田氏 /神奈川
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20091015ddlk14100047000c.html
■各大学「振り替え受験」対応急ぐ 新型インフル大流行に備え
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20091015/CK2009101502000005.html
■看護師の超過勤務1億4千万円追加支払い 大阪市大病院
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200910150021.html
■教員養成制度:民主新制度、教員養成課程6年に 経験10年で1年研修
http://mainichi.jp/life/edu/news/20091015ddm041010112000c.html?link_id=RLH01
■低所得世帯に制服・教科書代=高校修学で予算要求-文科省
http://book.jiji.com/kyouin/cgi-bin/edu.cgi?20091015-5
■教員資質上がるか 更新廃止、歓迎だが慎重論も 養成6年、志望者減るのでは
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2009101502000080.html

2009年10月15日

近畿大学、教職員組合 不当な就業規則変更について労働委員会にあっせん申請

近畿大学教職員組合
 ∟●労働委員会へのあっせん申請,あっせん申請書

教職員組合、大阪府労働委員会へあっせん申請!
救済申立も準備を進める!!

 教職員組合は,近畿大学が4月1日付で一方的に行った不当な就業規則変更(55歳以上非管理職事務職員の一時金50%カット)について強く抗議し,撤回を求めています。……


教員養成、6年に延長 文科省方針

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009101402000235.html

 文部科学省は13日、現在は4年制大学卒業で教員免許を与える養成課程を、大学院2年も加えた6年に延長する方針を固めた。2010年度予算の概算要求で制度構築に向け調査費を盛り込む。政務三役が担当部局に指示した。

 志望者には学部卒業後、大学院での修士号取得を義務化し、現行2~4週間の教育実習も1年に延ばす。新たなカリキュラム作成や、高度な指導のための教授陣選考など具体策を検討する。……


[関連ニュース]
教育実習1年・大学院2年必修を検討 教員養成で文科省
教員養成課程6年制へ 文科省が調査費要求
教育実習1年・大学院2年必修を検討 教員養成で文科省
教員免許には修士号、実習は1年…文科副大臣

教員免許の更新制、10年度限り 文科省方針

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910130370.html

 教員を続けるために10年に1度大学などで講習を受け修了することを義務づけている教員免許更新制をめぐり、文部科学省の政務三役は13日、10年度限りで廃止する方針を固めた。制度は今春始まったばかりだが、現場にはかねて「教員としての技量向上に効果があるかどうかは不透明」「ただでさえ忙しい教員がさらに疲弊する」という批判がある。文科省が同日開いた有識者との会合でも批判的な意見が強く、制度を続ける必要性がないという判断を固めた。……

[関連ニュース]
教員免許更新制、2011年度から廃止へ 文科省方針
教員の「質向上」 23年度にも新制度、免許更新制は廃止へ
教員免許更新制を廃止へ=来年度に新制度検討-文科省
免許更新制は22年度で廃止 新制度移行へ
更新制廃止や定数改善要望 日教組委員長と文科相会談
政策具体化「うれしい」=文科相と会談-日教組委員長

看護師に1億4千万円未払い 大阪市大、残業代を清算

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009101400151&genre=C4&area=O10

 大阪市立大は14日、同大学付属病院の看護師計686人に、総額約1億4350万円に上る残業代の未払いがあったと発表した。大阪南労働基準監督署の指導後の調査で判明、一部は既に支給した。……

[同ニュース]
大阪市立大付属病院で看護師に残業代1億4千万未払い

高校無償化、高専、外国人学校、専修学校も対象 概算要求に盛る-文科省方針

http://mainichi.jp/life/edu/news/20091014dde001010008000c.html

 民主党が政権公約に掲げた高校授業料の実質無償化について、文部科学省は、高等専門学校や専修学校の高等課程、外国人が通う各種学校なども対象とし、必要額を来年度予算の概算要求に盛り込む方針を固めた。高専は5年制だが、第1~3学年を対象とする。……

[関連ニュース]
低所得世帯に制服・教科書代=高校修学で予算要求-文科省

大学病院医師の勤務環境改善へ 文科省、支援態勢を充実

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101401000409.html

 文部科学省は14日、診療以外の業務に忙殺されているの医師の環境を改善するため、医療関係職員を増員する方針を決めた。15日が再提出期限の来年度予算の概算要求に関連費を計上する。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■センター試験、52万6千人が出願
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091014-OYT1T00895.htm
■ノーベル賞受賞者の顔ぶれでわかる、「米国への頭脳流出」
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2652542/4757724
■世界大学ランキング、東大に迫るアジア第2位の大学は
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1014&f=national_1014_024.shtml
■千歳科技大の大学図書館 市民も利用をとPR
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/194241.html
■国家戦略室政策参与、「派遣村」村長の湯浅氏起用へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091014-OYT1T00514.htm
■世界の大学ランキング、首位やっぱりハーバード 東大は22位に後退
http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200910140094a.nwc
■短大のみの共同研究体、佐賀・長崎・福岡9校で
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091014-OYT8T00216.htm
■島根大・県:「一層の連携を」 産廃減量化技術など提案 /島根
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091014ddlk32040426000c.html
■追手門学院大:性暴力をなくすために 一緒に考える人権研修会--あす、茨木 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20091014ddlk27040473000c.html
■青山学院大、台湾サテライトオフィスを10月から開設
http://www.christiantoday.co.jp/main/theology-news-452.html
■札幌市清田区と札国際大が協定締結 地域と大学連携拡大
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/oshieru-manabu/72933.html
■センター試験に52万6千人が出願
http://sankei.jp.msn.com/life/education/091014/edc0910142147004-n1.htm
■センター試験、52万6千人出願 現役42万9651
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/194313.html

2009年10月14日

横浜市大、次期中期計画「提案BOXの設置」 サイレントマジョリティーの詐称よりも始末に負えない危険性がある

大学改革日誌
 ∟●最新日誌(10月13日)
 ∟●組合ニュース(10月8日)

10月13日 教員組合のニュースをいただいた。休職者が多くなっているという。これには、「任期制」の影響も大きいと思われる。評価する人間が、「上から」「外から」任命された管理職によるものであり、大学教員の精神的自由は極めて抑圧されざるを得ない。本学のように、教員による民主主義的な管理職選挙の制度が完膚なきまでに撤廃されてしまった大学(大学統治における民主主義の否定の現状)では、こうした精神的に不安定化し追い詰められていく教員が、他の大学よりも多く出てくる可能性は高いとみなければならない。組合ニュースが指摘する問題の本質は、そこにあろう。

 下記では、「教員の個人的発言」が、「サイレント・マジョリティ」の詐称とともに、問題視されている。抽象的でつかみどころがないとも見えるが、ここでも、問題となるのは、諸個人の自由(な発言)とその民主主義的代表性・民主主義的総括性・民主主義的意思としての性格の相互関連であろう。

 諸個人の発言はその特定の個人の限定的なものとしてならば自由であろうが、それが「マジョリティ」を僭称するだけではなく、「マジョリティ」として力を持ってしまうならば(制度がそれを可能とするのならば、単なるマイノリティの発言を組織全体を代表するかのように取捨選択できる制度であれば、ある特定の数人の教員個人の発言が権威あるものとして「管理職」によって取捨選択が可能であれば)、あるいは単なる孤立的な個人の意見さえもが、公式の大学を代表する意見としてオーソライズされるシステムならば(大学や学部を代表するはずの管理職が、民主主義的正統性を持たず、「上から」、「外から」の任命であれば)、問題は深刻となる。「任期制」を強制された状況下での諸個人の発言は、それはそれでまた自由な発言ではない。

 大学における身分保障の重要性は、学問・科学の歴史が示すように、大学・学問の生命線であるが、それが、大学自治の根本を揺るがす統治システムの中で、「全員任期制」を掲げる大学においては、根底から揺るがされている。

------------横浜市立大学教員組合報--------------

組合ニュース
2009.10.08

もくじ
●退職1,休職3
●提案B0Xといえば聞こえはいいが

-------------------------------------------------
●退職1,休職3

 後期開始に向けての国際総合科学部代議員会情報である。

 商学部の精神的支柱でもあった先生の、定年直前の退職の報告があった。独法化数年経ったところで体調を崩され、休職されていたわけだが、今学期の 復帰も無理ということで、最終講義もなさらないままのご退職となった模様である。多くの大人数講義を積極的に担当し、手間のかかるタイプの学生も「おう」 と引き受け、ポイントポイントでは後進にも手を貸して下さるような方だっただけに、力尽きたようで痛々しい。この教授の休職からの退職以外にも、3人の先 生方(教授1、准教授2)の休職が報告された。100人ほどの教員の国際総合科学部において、この休職の数はさすがに異常であろう。

 休職の教授は、後期、学部講義だけで3つの科目を持つ予定だったようである。やり繰りの仕切れていない処理案が報告された。これに、2年から始 まる演習3コマと大学院講義・演習が重なると、横浜市立高校、神奈川県立高校より多いコマ負担を強いられることになる。研究が当然の職務であり、指導書も なく、リピートもほぼ無い大学の講義のコマ負担として、異常である。

 休職の一方の准教授に関しては、いよいよゼミの異動および解体が計画されていることが報告された。18名の三年ゼミの学生が、まだ二年ゼミしか 持たない新任教員が新たに開講する三年ゼミへ異動し、14名の二年ゼミの学生が、2,3名ずつに解体されて様々なゼミに合流する計画のようである。担当教 員に後顧の憂い無くお休み頂くには必要な措置であろう。ただし、学生にとっての不運は気にかけてもらえるところのはずだが、忘れてはいけないのが引き受け る側の教員の負担である。このコースは、学年ごとに、教員一人あたりの学生数の切り上げ数である、14名とか、16名とかいった数をゼミの下限数としていたので、この教員のゼミの学生数は平均レベルに過ぎない。しかし、講義の準備が完全に自転車操業であるはずの新任教員に丸々一学年を渡し、もう一学年は、 既にそういった数の学生を持っている教員がさらに引き受けているのである。

 教員数の激減のため、すでに一部コースでは私学を超える大人数ゼミになってしまっているのに、国公立大学としてのプライドだけは捨てられないの か、ゼミを必修、しかも2年からのスタートとしてしまっている。残念ながら、欧米大学のHonors Course的な私立のゼミと違い、必修である以上、手間のかかる学生も紛れ込んでくる。2年以上の担任学生数だけで高校教員の担任生徒数を超える上に、 しばしば、興味の対象もまったくバラバラの30名以上の新入生がいる教養ゼミにも目配りしなければいけなかったりもする。このような中でも、全員任期制の 強要の下、大学教員としての真っ当な市場価値を維持するためには研究を捨て去ることはできない。本学の教員の状況は、もはやまともな健康を維持することも できない状況であるといってよい。

 教員組合では、任期制を強いられている事務方の固有職員にも複数の休職者が出ているとの情報をつかんでいる。任期制の頸木もない横浜市からの派遣 職員には一人の休職も出ていないようだが、やはり、二年交替で入れ替わり立ち替わり管理業務に降ってくる横浜市からの派遣職員には、この現場の異常さが届 かないのであろうか。

●提案B0Xといえば聞こえはいいが

 研究院経由で、「【次期中期計画】提案BOXの設置及び資料の公開について」なるメールが転送されてきた。いかにも一般教員の声にも耳を傾けるよ うなふりをしているが、実際のところ、布施勉学長が一般教員の意見を聞く気などさらさら無いことは、9月の意見交換会で配られた「「学長と教員の意見交換 会」における中期計画策定に関する主な意見・質疑(医系を除く)」において、7月の意見交換会で手交した教員組合からの要求(2009年7月9日総会決 定)が、無視されていたことからも明らかであろう。八景キャンパスにおいては、職員をも含めた事業所過半数代表である教員組合の、代議員会、総会を経て議 決された意見が、主な意見に登場しないことはありえない。一般教員の意見などまったく聞く気がないという布施勉氏の意思表示と理解してよい。

 しかも、この提案BOXは、Rの頃に、定年まで5年を切っていた三教授が、サイレントマジョリティーを詐称して任期制歓迎の記者会見をしたことよ りも、始末に負えない状況を生じさせる危険性がある。この三教授は、独法化直後のみに瞬間的に生じていた、公務員時代よりも多い退職金を手に安穏と退職 し、あるものは、新聞等で高額給与が問題になっている監査委員の職まで手にしたわけである。それでも我々は、本学図書館では貸し出し中であることが多い吉 岡直人先生の『さらば、公立大学法人横浜市立大学』(定価2100円)を購入し、その66ページを見ないまでも、本学図書館はもちろん、何も力を発揮する こともなく独法化とともに去った学長が館長を務める横浜市立中央図書館等で、2003年5月9日付『神奈川新聞』を見れば、この時の三人の名を知ることが できるし、サイレントマジョリティーが詐称であることも、独法化時の任期制捺印者数データが公開されないことから明らかなわけである。さらに、その中の一 人はぬけぬけとキャンパスに戻ってきているわけで、厳しく責任を問うこともできる。(現在の権威無き立場は、まともな神経を持っている人間ならばいたたまれない状況のはずで、本来ならば、十二分に責任を問うことになっているはずなのだが。)つまり、発言者が確認できる“意見交換会”方式ならば、少なくとも 恣意的な引用等を指摘することができるが、提案BOXの匿名方式だと、横浜市派遣職員や布施勉氏本人が無責任な態度で文章を紛れ込ませたところでまったく チェックができない。この制度は非常に危険な制度であり、今後出てくるかもしれない“提案BOXにあった意見”というのが公表された場合には、それは“横 浜市派遣職員による作為的な文章”、あるいは“布施勉氏による突拍子もない思い付き”であると判断することが適当であろう。

 しかし、我々組合員も、言動に注意していく必要がある。代議員会、総会などで多くの組合員の目によってチェックが済んでいる意見書は、穴が少な く、それだけに横浜市派遣職員や布施勉氏に採用されることもないようだが、危険なのは、個別教員による「○○はいいから□□を何とかして欲しい」といった 発言である。○○にこだわって、「□□はいいから○○を何とかして欲しい」と思っている教員もいるわけである。このような発言が出たとき、横浜市派遣職員 側は、○○もいいし、□□もいいわけだな。それでは、××をやってやろうという手に出てきかねないわけである。教員の個人的発言には気をつけていきたい。

 divide and ruleは、大英帝国のインド植民地支配にも採用された、ローマ以来の支配者の原則だが、教授会も解体されてしまっている今、関内よりの支配者により蹂躙 されている教員は、わがままな個人的研究環境整備などに走ることなく、一致団結していく必要があるように思われる。そして、特にほとんどの学生が学ぶ八景 キャンパスにおいては、教員組合が、職員までをも含む事業所過半数代表であることを自覚し、真の独立法人たる横浜市立大学を構築していきたい。

[復習問題]
サイレント・マジョリティー問題は,以下のサイトが詳しい。
学問の自由と大学の自治の危機問題
 ∟●小川恵一学長とサイレント・マジョリティー3教授
サイレント・マジョリティー三教授とは,「布施勤教授」,「小島謙一教授」,「馬来国弼教授」であった。

東京大学職員組合、国立大学法人化から6年、人事院勧告依存を再検討せよ

東職
 ∟●国立大学法人化から6年、人事院勧告依存を再検討せよ

国立大学法人化から6年・・・
人事院勧告依存を再検討せよ

運営費交付金は、人事院勧告に連動して増減しない

 運営費交付金は、人事院勧告に連動し増減するものではありません。人件費は既に措置されており、当初の予定よりボーナスや本俸が減額されれば、法人側に資金が残ります。例えば夏のボーナス削減で、東京大学には6.6 億円の資金が残されました。これは、4月当初は私たち教職員が受け取るはずだった資金です。もしこれから冬のボーナスや本俸も人事院勧告通りに削減されれば、総額11. 8 億円もの資金が法人の手元に残されることになります。

削減したその先は?いまだ明らかにならない使途
 法人側は、私たちが受け取るはずであった巨額の人件費を、一体何に使うつもりなのでしょうか?夏季一時金交渉で本部人事労務系統括長は、削減分の使途について「人件費に枠があるわけではない。浮いた資金は経営資源として優先順位の高いものに振り分けていく。」と非常に曖昧な説明をしています。「経営資源として優先順位が高い」とは一体何を指すのでしょうか?それは全学の教職員に還元される使い方なのでしょうか?このまま法人側が削減を強行するのであれば、賃金の使途について説明する必要があり、教職員には説明を受ける権利があります。

文部科学省も「人勧準拠すべきという指導はしていない」と発言
 大学側は「給与削減の目標を達成しないと政府からペナルティーがある」と発言していますが、文部科学省は、全国大学高専教職員組合(全大教)に対して「人勧準拠すべきという指導はしていない。賃金・労働条件は労使の自主的交渉によるものである。」と説明しています(8 月26 日)。また「行政改革の重要方針」(平成17 年12 月24日閣議決定)により、「人事院勧告を踏まえた給与改定分」は削減対象の人件費から控除することとされており、文部科学省も「2010 年までに5%削減が行われていれば評価の上で問題とならない。」と説明しています。

「人勧を受けて、社会一般情勢に適応」という説明では、賃下げの合理的理由にならない。
 国立大学教職員は国家公務員ではないため、法人側が労働条件を変更する場合には、不利益変更の合理的理由となる要件を明らかにする義務があります。既に東京大学は、今引き下げを行わなくても、規定の削減目標が達成できる財政状況にあり、「人事院勧告に受けて、社会一般の情勢に適応させる」という理由だけで、就業規則を一方的に不利益変更することは法律違反になります。国家公務員のように、4月に遡っての本俸引き下げ(一時金から差額をカット)も、不利益遡及となるため違法となります。


高校無償化、事務経費含め全額国費…文科相表明

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091013-OYT8T00489.htm

 川端文部科学相は13日の閣議後記者会見で、来年4月から予定している高校授業料の無償化について、「地方自治体や市町村が持ち出しをすることがない設計にすることが基本だ」と述べ、授業料相当分のほかに必要となる事務経費についても全額国庫負担とし、地方には財政負担を求めない考えを明らかにした。……

[関連ニュース]
文科省で無償化など有識者懇談会 「就学援助を充実すべき」

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■「思い出に…」全裸で駅周辺走る 慶大生10人を書類送検 神奈川県警
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091013/crm0910131856020-n1.htm
■慶大生が全裸で集団疾走=駅ホームなどで9人、撮影も-書類送検・神奈川県警
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009101300778
■今年のノーベル経済学賞、決め手は「市場の失敗」分析
http://www.afpbb.com/article/economy/2651921/4750498
■ノーベル経済学賞、米の2氏が受賞 市場外の「統治」研究
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091013AT2H1200413102009.html
■ノーベル経済学賞受賞者にも難題-「大き過ぎてつぶせない」への対処
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=a6Dy1fLuK3R0
■女性初の経済学賞 ノーベル賞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009101302000036.html?ref=rank
■鶴見大学と再生医療推進機構、「歯髄細胞バンク事業」を本格始動
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=233621&lindID=5
■ノーベル経済学賞に米の2氏 幅広い経済分析の価値示す
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20091012D2R1200712.html
■「所得格差」が「教育格差」を生む冷酷な現実
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091013/188159/
■不況でも就職に強い大学(4) 企業系大学の「底力」
http://www.asahi.com/job/special/OSK200910130027.html
■相模女子大と甘納豆会社がコラボで新商品
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910130002/
■公然わいせつ:全裸の慶大生、駅で大騒ぎ 10人書類送検
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091014k0000m040080000c.html
■慶大生9人、駅で全裸疾走…ビデオまで撮る
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091013-OYT1T00778.htm

2009年10月13日

日本私大教連、2010年度私立大学・短期大学関連予算に関する緊急要望

日本私大教連
 ∟●2010年度私立大学・短期大学関連予算に関する緊急要望

2009年10月8日

文部科学大臣
川端 達夫 殿

2010年度私立大学・短期大学関連予算に関する緊急要望

1.経常費2分の1助成の実現を方針として明確化し、私立大学等経常費補助を一般補助中心に抜本的に増額することを求める。

 大学の基盤整備は、政府の責任である。学生の修学する権利の保証という点からみて、等しく高等教育機関である国立、公立、私立に区別はない。しかし政府は、長年にわたる私立大学・短期大学(以下、私立大学)に対する差別的扱いと責任放棄によって、わが国の高等教育機関の間に膨大な格差を生じさせ、大学全体の水準を引き下げてきた。

 政府は、私立大学の経常費支出総額に対する補助割合を、最高水準であった1980年度の29.5%から2007年度の11.1%にまで大きく引き下げてきた。とりわけ私立大学の基盤経費である一般補助の削減幅は大きく、1981年度から2009年度の28年間で、1大学当たり平均で3.6億円から2.2億円へと1.4億円(約40%)もの削減、学生1人当たりでは16万円から9万円へと7万円(約44%)もの削減となっている。

 政府はこうした私立大学に対する差別的政策を根本からあらため、私立学校振興助成法成立時の国会附帯決議に基づき速やかに経常費支出の2分の1助成を実現するために3か年程度の年次計画を策定するとともに、2010年度予算においては「骨太方針2006」による以降3年間の削減分の全面回復を含めて、一般補助を主として私大経常費補助を抜本的に増額することを要望する。……


「高校無償化」教員・私学団体などから意見聴取、文科省

http://www.asahi.com/national/update/1009/TKY200910090114.html

 民主党が総選挙でマニフェストに掲げ、来年度から実施されることになっている「高校無償化」について、文部科学省は9日、全国知事会、教員の労働組合、私立学校の団体など関係団体を招いて省内で意見を聞いた。地方自治体側からは支給方法について「地方の負担にならない方法に」との注文が続出。鈴木寛副大臣は、授業料相当額を直接各世帯に支給するのではなく、学校の設置者に支給する「間接給付」を検討していると述べた。……

[関連ニュース]
高校の無償化は全額国庫負担で 知事会など要求

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■ノーベル物理学賞に中国系の高博士
http://j.people.com.cn/95952/6778376.html
■小宮山・前東大学長、国家戦略室「政策参与」に起用
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091009-OYT1T00362.htm
■大学設置認可、副大臣決裁へ
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091009-OYT8T00250.htm
■修道大次期学長に市川太一氏
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910090083.html
■国家戦略室 東大前総長起用へ
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013004071000.html
■大学の教育の質向上目指し 教職員ネットワーク発足 授業内容改善、職能開発へ 福岡市内6校連携
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/127172
■岐阜大、論文盗用と教授を懲戒解雇、教授側は争う構え
http://www.asahi.com/national/update/1008/NGY200910080050.html
■論文盗用して出版、岐阜大教授を懲戒解雇
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091009-OYT1T00047.htm
■世界大学ランキング 東大22位 京大25位 英誌
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910080579.html
■京大、iPS細胞の民間企業への提供条件を整備し11月から適用
http://news.braina.com/2009/1009/enter_20091009_002____.html
■新型インフルエンザ:島根大、大学祭を中止 /島根
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091009ddlk32040590000c.html
■キャンパる・なにコレ!?:明治学院大「地域通貨ゲーム」
http://mainichi.jp/life/edu/news/20091009dde012070077000c.html
■岐阜大教授、同僚著書などから全88箇所盗用で懲戒解雇
http://eduon.jp/news/crimes/20091009-001108.html
■論文盗用で岐阜大教授を懲戒解雇
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20091009/200910090840_9036.shtml
■文科省:学部設置認可、副文科相らに決定権 政治主導目指し
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091009ddm012010098000c.html
■ノーベル平和賞:オバマ氏 多様な人々の連帯訴え政治家に
http://mainichi.jp/select/wadai/nobel/news/20091010k0000m030112000c.html
■ノーベル平和賞:オバマ氏受賞 広島、長崎から歓迎の声
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091010k0000m040098000c.html
■島根大学祭中止 学生らに波紋
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910100008.html
■ノーベル平和賞:オバマ米大統領に 核軍縮に新たな地平
http://mainichi.jp/select/photo/archive/news/2009/10/09/20091010k0000m030018000c.html
■慶大生「大学移る金欲しかった」 窃盗容疑で逮捕 神奈川県警
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091009/crm0910091741017-n1.htm
■ユダヤの生活と儀礼 西南学院大学博物館で特別展
http://www.christiantoday.co.jp/main/culture-news-1555.html
■学力テスト、抽出方式に 文科相検討、10年度から
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091009AT1G0901D09102009.html
■学力テスト全員参加から抽出へ 文科相、来年度実施を検討
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100901000395.html
■覚せい剤:所持容疑で立命館大院生逮捕 滋賀
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091011k0000m040026000c.html
■医学部教科書:患者が執筆「生の声知って」
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20091010k0000e040048000c.html
■立命大院生、覚せい剤所持で逮捕=自宅に注射器80本-滋賀県警
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009101000162
■覚せい剤所持、立命大院生を逮捕 容疑で滋賀県警
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009101000086&genre=C1&area=S00
■立命館大大学院生の男、覚せい剤所持容疑で逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091010-OYT1T00512.htm
■立命大院生、覚せい剤容疑で逮捕 部屋に注射器84本
http://www.asahi.com/national/update/1010/OSK200910100053.html
■立命大院生を覚醒剤所持で現行犯逮捕 「数年前から使用」供述
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091010/crm0910101142001-n1.htm
■三重大が開学60周年で式典 一層の発展誓う
http://www.isenp.co.jp/news/20091010/news07.htm
■東北福祉大 防災担う人材育成へ 専門教育開始
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091010t13016.htm
■地域と作新大が連携 清原地区で総合防災訓練 
http://www.shimotsuke.co.jp/town/life/volunteer/news/20091010/217746
■少子化に向け大学の将来探る
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910110006.html
■専修大学が学部新設に向け、心理教育相談室リニューアル/川崎
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910100006/
■エネルギーと環境考える、湘南工科大学で市民講座/藤沢
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910100005/
■主体性育てる実践教育 甲南大の新設学部が話題 
http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0002434101.shtml
■研究用原子炉:東大、「弥生」廃止へ 10年度末に運転停止 /茨城
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20091010ddlk08040135000c.html
■震災資料の検索システムを共同開発 神大と人防 
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002433766.shtml
■学科の枠越えた短大へ…地域総合科学科の課題討論
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091010-OYT8T00363.htm
■室工大がエネルギー材料分野研究で開発機構設立へ
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2009/10/10/20091010m_02.html
■授業料免除 国がぜひ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-10-10/2009101005_01_1.html
■三重大が開学60周年
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20091010-OYT8T00031.htm
■国、私立8大学が合同就職セミナー 岐阜で45社参加
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gifu/news/20091009-OYT8T01213.htm
■留学生対象特別コース設置 香川大大学院農学研究科
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009101008463546/
■内定取り消し学生 「就職先確保」は4割弱
http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200910110001a.nwc
■大学生が運営するカフェ、今年も開催
http://www.wbs.co.jp/news.html?p=5269
■スマトラ沖地震被災者支援 鹿児島大留学生ら募金活動
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=19837
■三重大:開学60周年を祝い記念式典 /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20091011ddlk24100104000c.html
■九大の伊都キャンパス移転
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/display/6916/
■ノーベル経済学賞:米大学2教授に 初の女性受賞
http://mainichi.jp/select/photo/archive/news/2009/10/12/20091013k0000m030022000c.html
■経済学賞 米の女性学者ら
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013063941000.html
■ノーベル経済学賞、米国の大学教授2氏に
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091012-OYT1T00612.htm
■ノーベル経済学賞:米大学2教授に 初の女性受賞
http://mainichi.jp/select/world/news/20091013k0000m030022000c.html
■ノーベル経済学賞、経済ガバナンス分析の米2氏に 初の女性も
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200910120019.html
■島根大が植物工場でのワサビ栽培研究
http://www.sanin-chuo.co.jp/weekly/modules/news/article.php?storyid=515582036
■三笠の廃校校舎 自然体験拠点に 岩教大
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/193899.html
■広島・備後の大学 就活支援強化…内定率、軒並みダウン
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091012-OYO8T00415.htm
■インフル対策大学に要請へ 文科省、入試に向け
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910120138.html
■京都工芸繊維大 バイオリソースシンポジウム
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/lecture/20091012-OYO8T00309.htm
■世界大学ランキング、インドから200位内に2校
http://indonews.jp/2009/10/2002.html

2009年10月09日

岐阜大、盗用疑惑で教授を懲戒解雇処分 論文など88カ所

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091009k0000m040101000c.html

 岐阜大学は8日、他人の著書から文章を盗用したとして、同大地域科学部の竹原健二教授(59)を同日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。同大によると、竹原教授の著書1点と論文2点に、別の5人の研究者の著書から88カ所の盗用が見つかったという。……

[同ニュース]
盗用で岐阜大教授を懲戒解雇=同僚著書などから、昨年も処分
論文盗用で岐阜大教授を解雇 6人から88カ所丸写し

大学院大学予算削減、仲井真知事「極めて残念」

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150947-storytopic-7.html

 国の2009年度補正予算で、沖縄科学技術大学院大学の整備促進費31億円5千万円が執行停止となったことに、関係者からは開学の遅れを懸念する声や事業推進の必要性を訴える声が聞かれた。仲井真弘多知事は「極めて残念だ。開学は予定通りできるよう配慮してほしい」と述べ、8日に前原誠司沖縄担当相に国庫要請する際、大学院大学が削減対象となった理由を問う考えを示した。……

[同ニュース]
仲井真知事:大学院大学予算削減「極めて残念」

岐阜大学職員組合、声明「ボーナスカット、賃金カットに反対する」

岐阜大学職員組合
 ∟●ボーナスカット、賃金カットに反対する

ボーナスカット、賃金カットに反対する

岐阜大学職員組合声明
2009年10月2日

 5月1日の臨時人勧で8月人勧による公務員のボーナスカットが予告され、6月ボーナスの0.2か月分の支給凍結が勧告された。5月8日自公政権は、閣議決定により公務員のみならず、民間型法人職員に対しても6月ボーナスの0.2か月分の支給凍結を要望した。同日、岐阜大学当局は、過半数代表に対し、ボーナス支給凍結に要する就業規則改定に対する意見を求めた。しかし、当局は労働条件の不利益変更に対する交渉権のある職員組合の交渉の申入れについては、時間がないと言い、違法にも交渉に応じようとしなかった。過半数代表と同様、組合も断固反対したが、反対理由は以下の四点であった。……


東大は22位、京大は25位、世界大学ランキング

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009100800199&genre=G1&area=K00

 英教育専門誌、タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は8日までに、今年の「世界大学ランキング」を発表、日本では東京大が22位(昨年19位)、京都大が25位(同25位)など計11校が上位200位に入った。……

[同ニュース]
世界大学ランキング2009発表、東大は22位
世界大学ランクで東大22位、中国清華大49位で香港大に及ばず
東大、アジアのトップ守る=首位はハーバード大-世界大学ランク

日本経団連、アメリカの大学院の教育・研究システムのあり方について聞く

日本経団連
 ∟●日本経団連タイムス No.2969 (2009年10月8日)

アメリカの大学院の教育・研究システムのあり方について聞く
-産業技術委員会科学技術政策部会

 日本経団連は9月10日、東京・大手町の経団連会館で産業技術委員会科学技術政策部会(東実部会長)を開催した。同部会では、政府の第4期科学技術基本計画(2011年度~2015年度)の策定をにらみながら、わが国の科学技術・イノベーション政策の中期的なあり方について検討を進めている。その一環として、東京大学先端科学技術センターの菅裕明教授から、アメリカの大学院における教育・教育システムについて説明を受けるとともに意見交換を行った。菅教授の説明の概要は次のとおり。……


内部文書で次官決裁の大半を廃止、文科省 

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091008/plc0910081853008-n1.htm

 文部科学省の鈴木寛副大臣は8日の記者会見で「官僚依存の常態化を改める」と述べ、内部文書の決裁規則を改正を発表した。……

[同ニュース]
文科省:決裁も「官僚外し」、政治主導で 規則を改正

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■センター試験、全都道府県に追試会場 インフル対策
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910080210.html
■新型インフルに備え、センター追試験は2週間後
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091008-OYT8T00747.htm
■修大大学院授業料を大幅減額
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910080057.html
■センター追試日程1週間ずらす 新型インフル対策で文科
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/193302.html
■「法に不備」Winny開発の金子被告に笑顔 逆転無罪判決
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/08/news037.html
■停止は大学院大のみ 内閣府事業/南北大東地デジなどは執行
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-10-08-M_1-002-1_002.html
■都内に就活支援拠点 山形大が専門サテライト開設
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091008t53019.htm
■労働者派遣制度の今後のあり方で諮問
http://210.196.162.149/politicsnews/detail/politicsnewsDetail.php?name=091007_009_4.html
■iPS研究促進狙い、民間使用料を値下げ…京大、提供条件緩和へ
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/20091008-OYO8T00484.htm
■大分大学:学部数など見直し検討へ 羽野学長が抱負 /大分
http://mainichi.jp/area/oita/news/20091008ddlk44100643000c.html
■核拡散の現状を名大院留学生に
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20091008-OYT8T00033.htm
■内子まちづくり、松山大と協定…来年度、調査と提言
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/society/20091008-OYO8T00446.htm
■復活、富大祭 3年ぶり学生奮起
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910080401.html
■吉岡学長は前向き、学内で検討へ 奈良県立医大移転構想
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910080344.html
■ウィニー開発者に逆転無罪、大阪高裁、著作権侵害幇助と認めず
http://news.braina.com/2009/1008/judge_20091008_001____.html
■大分大学長に羽野氏を再任
http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000000910080002
■新大、釜山大と協定へ
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000910080004
■県、県立4年制大学設置に前向き姿勢
http://www.shinmai.co.jp/news/20091008/KT091007ATI090014000022.htm
■神戸芸工大、長田にアニメ制作拠点 10年春開設
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0002427685.shtml
■iPS細胞の提供拡大 京大以外の機関から民間へも 京大など
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009100700213&genre=G1&area=K00
■文科省サイトにウイルス=サーバーを停止-科技機構
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009100800727
■インフル感染で島根大祭中止
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910090043.html
■ノーベル文学賞で「マイノリティーに光」東北大大学院・藤田恭子准教授
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091008/acd0910082051004-n1.htm
■ノーベル文学賞に独のミュラー氏 ルーマニア出身女性作家
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/193352.html
■ノーベル文学賞、ドイツのヘルタ・ミュラー氏に
http://www.asahi.com/culture/update/1008/TKY200910080454.html
■ノーベル文学賞はドイツの女性作家ミュラーさん
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20091008-OYT1T01002.htm
■看護師の業務範囲はどこまで拡大すべきか?
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24697.html
■ノーベル物理学賞の受賞者が発表!
http://www.rbbtoday.com/news/20091008/62905.html
■ノーベル文学賞、ドイツの女性作家ヘルタ・ミュラー氏に
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200910080031.html

2009年10月08日

法科大学院の定員削減を、民主チーム中間報告

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091007-OYT1T00639.htm

 法科大学院を中核とする法曹養成制度の見直し策について、民主党のプロジェクトチームがまとめた中間報告が明らかになった。

 新司法試験の合格率低迷を踏まえ、法科大学院74校の総定員(5765人)の削減を求めた。文部科学省の設置認可基準見直しの必要性にも言及している。……


大学院大学、整備促進費31億5000万円が執行停止に

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150906-storytopic-3.html

 政府が6日、発表した2009年度補正予算の見直しで、内閣府の沖縄関係分では沖縄科学技術大学院大学の整備促進費31億5000万円が執行停止になった。防衛省分では米軍嘉手納飛行場周辺を対象にした住宅防音工事費(約5億円)や移転措置補償(約1億9000万円)なども補正予算に含まれていたが、執行停止対象にはならなかった。……

派遣制度見直しを諮問、労政審を開催

http://www.zaikei.co.jp/article/biznews/091007/40644.html

 長妻昭厚生労働相は7日、労働行政を審議する労働政策審議会(諏訪康雄会長)に、労働者派遣法の改正を検討するよう諮問した。労働組合や経営者団体の代表らが意見を交わした。

 民主党、社民党、国民新党の与党3党が、製造業への派遣で登録型の派遣を原則禁止して、非正規労働者の雇用安定を図ることで合意をしていた。厚労相は製造業務への派遣禁止などより規制を強化した検討を求めており、雇用情勢の悪化で派遣労働者の雇い止めなどが多くなり、雇用環境が大きく変化したとの認識を示した。……


[関連ニュース]
労働者派遣法改正 協議始まる

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■ノーベル化学賞、英・米・イスラエルの3氏に
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091007-OYT1T00890.htm
■ノーベル化学賞 米英など3人
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015968861000.html
■ノーベル化学賞、「たんぱく質工場」研究の3氏に
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200910070023.html
■連携センター:3大学で防災「学び合い」 神戸学院、東北福祉、工学院が開設 /兵庫
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20091007ddlk28040355000c.html
■ノーベル賞:物理学、カオ氏ら3人に 大容量通信網、基礎築く
http://mainichi.jp/select/science/news/20091007ddm003040084000c.html
■奈良教育大:国際レベルの教育を 長友新学長が抱負 /奈良
http://mainichi.jp/area/nara/news/20091007ddlk29100605000c.html
■熊本大:60周年、県内外で記念事業 「熊本学、提供したい」 /熊本
http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20091007ddlk43100500000c.html
■大腸菌群:筑波大アイスから検出 ずさん管理 /茨城
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20091007ddlk08040121000c.html
■大分大学長「県職員の事件許せない」
http://www.e-obs.com/obs-news/genko/DD10070010998.html
■収入のない学生が教科書を買えるのか? 疑問が「教科書レンタル」に結実
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091007/187114/
■宮崎大:学長就任あいさつ 学生の国際交流に力 /宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20091007ddlk45100565000c.html
■「エコ大学」国立1位は岩手大
http://www.asahi.com/kids/news/TKY200910070161.html
■弘大人文が初の学部間協定 フィンランド・ヘルシンキ大研究所と
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2009/10/8500.html
■アイスに大腸菌筑波大販売中止
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20091007-OYT8T00211.htm
■筑波大 アイスから大腸菌群 全4種類販売中止06年に検出も販売
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20091007/CK2009100702000113.html
■「学生キャンパス副学長」が、食堂改善プロジェクトで“大学改革”――北海道医療大学
http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1211
■香川大と冷凍食品8社がアジア人留学生育成事業
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/article.aspx?id=20091007000070
■釧路市と早大が協定 行政課題解決へ連携
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/192993.html
■東大ばっかりで大丈夫か
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2009100702000086.html
■札医大学長に島本氏
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/192959.html
■仏教大、二条駅前に新校舎 11年開設、臨床教育の拠点
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20091006c6b0602906.html
■秋田大、22億の入札保留 国の補正予算見直しで
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20091007b
■秋大が入札見合わせ 国補正見直しで22億円分
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20091007-OYT8T00098.htm

2009年10月07日

横浜市大教員有志、横浜市立大学「改革」の見直しに関する要望書

大学改革日誌
 ∟●最新日誌(10月5日)
 ∟●横浜市立大学「改革」の見直しに関する要望書(平成21年10月5日)

10月5日 この間、中田前市長時代の問題が次々と表面化してきている。その重要な問題点の一つが、大学の「改革」である[1]。

 われわれは、新市長が誕生したのを機会に、中田前市長のもとで強行された大学「改革」の重大な問題を、新市長に訴える機会を得たいと考えた。そこで一楽教授と私が発起人となり、「市長への要望書」を作成し、これに賛同してくださる教員の方を募集した。当初、固有職員の方々に呼びかけることも考えたが、「任期制」で身分が不安定な現状では厳しいであろうということで、見合わせた。

 時間をかけて出来るだけたくさんの賛同者を集めてはどうかとの建設的意見も頂戴し、また、要望書の柱立てなどに関してもいろいろのご意見が寄せられたが、とりあえず、「機を逸しては」ということで、夏休み明けから9月30日までで賛同者募集を打ち切り、要望書提出の行動に移ることとした。この間に、発起人二人を合わせ、三十余名の賛同者を得た。

 要望書提出の基本趣旨にご賛同で原案通りにご賛同いただいた方々、文章表現などで改善や追加を求める意見を表明されながら基本的に賛同された方、柱の立て方や柱の一部に関して同意できないのでと辞退される方、その他、この間にはご返事を頂けなかった方々などさまざまであったが、当初予定した30名を越えた段階で、要望書提出を決断した。

 本日、下記の「市長への要望書」を、一楽教授が関内の市長のところに届けてくださった。
 市長、関係部局がどのような態度を示すか、今後、この場で可能な限り、紹介していきたい。

横浜市立大学「改革」の見直しに関する要望書

平成21 年10 月5日

横浜市長 林文子様

横浜市大教員有志
代表:一楽重雄 永岑三千輝
賛同者:松本健吾,中谷 崇
他 計30名

 私たちは,現在の市立大学には多くの問題があり,独立行政法人化に伴う「改革」を見直す必要があると考えています.現在の問題点の主な点を指摘し,早急に「改革」について見直すことを要望します.
 それによって,市民に誇れる健全な大学として発展すること,私たち教職員が気持ちよく働ける場所となることを望んでいます.

1. 「改革」で採用された「全員任期制」は,「大学の教員等の任期に関する法律」に抵触の恐れがあります.また,横浜市が主張するように,この制度が「労働基準法第14 条」に基づくものとしても,労働基準法改正にあたっての国会の付帯決議に反します.コンプライアンスを重視する横浜市として,再検討が必要な点です.
 また,現実にも全員任期制は教員が任期のない大学へ転出する動機となっていて,大学にとって重大なマイナス要因になっています.
(国会の付帯決議:『労働契約期間の上限の延長に当たっては、常用雇用代替化を加速させないように配慮するとともに、有期雇用の無限定な拡大につながらないよう十分な配慮を行うこと。』)

2. 「大学改革」に伴い,実質的に教授会が廃止され,教員が大学運営に関与しない形になりました.私たちは,これは学校教育法 第93 条「大学には、重要な事項を審議するため、教授会を置かなければならない」に違反する状態であると考えています.また,現場の教員にまったく権限がないため,実際の大学運営上も困難が生じています.一定の権限を持つ教授会の設置が必要と考えます.

3. 現在,理事長と副理事長(兼事務局長)は,共に横浜市職員OB が就任しています.理事長として大学に通暁している民間人・大学人を任命するよう要望します.また,学長選考のあり方の見直しも必要です.

 以上について,私たち現場の声を聞いて頂きたく,市長との面談を要望いたします.


横浜市平成20年度決算特別委員会、「林新市政の中田悪政からの脱却について」

平成20年度決算特別委員会 9月30日 決算第一・決算第二特別委員会連合審査会
副市長辞任相次ぐ「異常事態」/横浜市

 野田由美子氏が副市長を辞職して3日後。今度は阿部守一副市長が、国の行政刷新会議へのメンバー入りを打診されていることを明かし、「熟慮している」と辞職を視野に検討しているとした。林文子市長は就任時、4人の副市長に対し「年度内は現行体制でやっていきたい」との意向を伝え了承を得たという。ところが、わずか1カ月で2人の副市長が辞めるかもしれないという「異常事態」(市議)に。市会の追及は、林市長へと向けられる結果となった。

 「リーダーシップがないと取られるかもしれないが、副市長にもそれぞれの思いがある。辞めていいなんて誰が思うんですか」

 阿部副市長の進退を問う2日の決算特別委員会理事会。市議からの質問に、林市長は声を荒らげ反論した。そこには、就任1カ月で市政のすべてを把握しきれないもどかしさや、それでも容赦なく向けられる追及へのいら立ちが見て取れた。

 「支障のないようわたしが責任を持ってやっていく」。林市長は、その“責任感”を強調したが、市会からは「2人欠けても支障がないなら、副市長なんて元から要らないと市民に思われる」と逆に指摘されてしまった。

 林市長はまた、阿部副市長への打診はこれまでの仕事が評価された「いい話」とも発言。これも、「(野田氏が辞職し)『3人の副市長とやっていく』と昨日の総合審査で言ったばかりだ」と市議の反発を買った。

 ある市議は言う。「個人の感想なら『いい話』でいいが、行政の長としてどうか。中田前市長が投げ出し、野田氏が辞職し…という今の横浜市の状況や、公人の発言の重みをまったく理解していない」

 別の市議は、「中田氏は『スムーズに後任者に市政を託せる』と辞職時期を説明したが、このありさまだ。林市長も被害者の一人かもしれない」と同情するが、「自ら出馬を決め就任した責任はある」と語った。


[関連ニュース]
野田・横浜副市長:市議会参考人招致、「出席できません」--ファクス回答 /神奈川
横浜市議会:野田・前副市長、参考人招致の方針--決算特別委 /神奈川
林市長へ批判相次ぐ Y150担当副市長辞職 『議会軽視、猛省を』
元副市長を招致へ 「開国博」不振で横浜市議会
野田・横浜副市長:正式に辞任発表 「開国博」総括待たず /神奈川
横浜・Y150担当 入場者低迷『全く関係ない』 野田副市長が辞任

名古屋大、研究費流用の50代男性教授 諭旨退職処分に

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091006k0000m040146000c.html

 名古屋大学の医学部教授らが研究費を不適切処理していた問題で同大学は5日、約35万円を私的流用したとして50代男性教授を諭旨退職処分にした。教授は同日、退職願を提出し、受理された。……

奨学金延滞、減額・免除周知せず 支援機構「返済猶予で」

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091006k0000m040145000c.html

 奨学金貸与事業で巨額の未回収金が生じている独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会)が、返還遅れのペナルティーとして科す延滞金の減額・免除制度を、奨学生に周知していないことが分かった。奨学生に渡す「返還のてびき」に記載はなく、申請用紙もない。機構側は「返還が遅れている人にはまず、返還を最長5年間延ばす返還猶予制度の申請を呼び掛けている」と説明するが、奨学生の支援団体は「延滞金で苦しむ人もおり、広く知らせるべきだ」と指摘している。……

無償化法案の事務作業進める、文科相「臨時国会でも対応」

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100601000431.html

 川端達夫文部科学相は6日の閣議後会見で、来年度から公立高校の授業料を実質無償化する法案の国会提出時期について「政府として来るべき臨時国会をどう迎えるのかとの判断の中で、指示があれば臨時国会でも対応しなければならない」と述べ、今月下旬召集の臨時国会に提出する可能性に言及した。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■九州大学、7700人の教職員用メールシステムが本稼働 「自社運用型」を選択
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/06/news034.html
■釧路市と早大大学院が連携協定
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20091006-552247.html
■ノーベル医学生理学賞は「極めて不公平」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20091006-552216.html
■12月に桜島の火山構造調査 京都大学防災研究所
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=19734
■2年前も大学で強姦 元県職員、再逮捕
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_125479190034.html
■神奈川歯大の多額運用損、新たに2人逮捕 1億円詐取容疑
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091006AT1G0503L05102009.html
■宇大への光産業拠点整備 知事「国補正に努力」
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20091006/215553
■東北公益大と関学、大学院研究科の包括協定を締結
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20091005c3b0504i05.html
■広島市立大:浅田・現学長を理事長予定者に /広島
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091006ddlk34040660000c.html
■県立図書情報館:奈良教育大とも図書館相互協定 /奈良
http://mainichi.jp/area/nara/news/20091006ddlk29040536000c.html
■信州短大:学長に白井氏が就任 /長野
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20091006ddlk20100180000c.html
■「医療の機能強化」テーマに都内でシンポ
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24650.html
■ノーベル物理学賞にカオ博士ら3氏 光通信技術などで成果
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091006AT1G0602O06102009.html
■ノーベル物理学賞:光ファイバーとCCDの3氏に
http://mainichi.jp/select/today/news/20091007k0000m040046000c.html?link_id=RAH03
■教科書の根拠、開示答申
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091006-OYT8T00363.htm

2009年10月06日

神奈川歯科大の投資詐欺、会社社長ら2人逮捕

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091005-OYT1T00936.htm

 学校法人神奈川歯科大学の投資を巡る詐欺・業務上横領事件で、横浜地検は5日、学校法人から1億円をだまし取ったとして、新たに東京都千代田区の投資会社社長・田中潔(62)(静岡県熱海市)、経営コンサルティング会社社長大河内修一(65)(東京都品川区)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。……

[関連ニュース]
歯科大詐欺 新たに2人を逮捕
神奈川歯大詐欺:容疑で会社社長ら2人を逮捕 横浜地検

地方の医師不足対策、医学生に新奨学金検討 文科省

http://www.asahi.com/health/news/TKY200910040254.html

 川端達夫文部科学相は、医学部生が卒業後に地域医療に従事すれば返済を一定期間猶予する国の奨学金制度を新設するよう、同省の事務当局に指示した。地方の医師不足を解消するきっかけにしたいといい、早ければ来年度の実施を目指す考えだ。……

沖縄戦巡る教科書検定、国が根拠文献の開示答申

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091005-OYT1T01145.htm

 2006年度の教科書検定で、高校日本史の教科書に沖縄戦の集団自決に日本軍の関与を示す記述がされた問題で、国の情報公開審査会は5日、文部科学省が不開示としていた教科書会社側の根拠文献について開示するよう答申した。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■NECと東京医療保健大学など、医療用ICタグを用いて手術器械を管理
http://www.rbbtoday.com/news/20091005/62785.html
■「東大ノート」で集中、持続、達成感 現役生らと企画
http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY200910020382.html
■東北芸術工科大、入学から卒業まで支援 学科ごとに「担当職員」
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910050183.html
■就職支援 公益大、学内で会社説明会
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910050182.html
■医学部定員増に悲鳴 教育水準低下の懸念 東北
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091005t73014.htm
■就職支援 公益大、学内で会社説明会
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910050182.html
■北里大医学部生に県奨学金支給へ 山梨
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910050184.html
■ノートルダム女子大、社会福祉法人と協定 教育や研究などで連携
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910050181.html
■山口大生、めざせ資格取得 就職支援施設が完成
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910050179.html
■子育てひろば:市内の大学施設を 西宮市、母親をサポート--今月から /兵庫
http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20091005ddlk28100187000c.html
■障害のある学生が過去最多6235人 08年度
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910050128.html
■大分大での強姦容疑で元県職員を再逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091005/crm0910051802023-n1.htm
■改正保助看法の「正確な情報伝達」を―看護学校協が要望書
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24619.html
■チーム医療の推進で議論―厚労省検討会
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24620.html
■【教育】元文科省官僚・山本直治氏に聞く 文教政策意思決定 変化は?
http://sankei.jp.msn.com/life/education/091005/edc0910051141002-n1.htm

2009年10月05日

奨学金未返済、最高の723億円 08年度、猶予の相談殺到

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/192503.html

 独立行政法人の日本学生支援機構は4日、08年度の貸与奨学金の未返済額が723億円に上ったと明らかにした。07年度の660億円から10%増加し過去最高を更新。返済猶予の相談も殺到し月平均約12万件に達しているため、コールセンターを新設して対応を強化した。……

国公立学、4年で240万 県外は生活費も

http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20091004rky00m040005000c.html

 高校まで年額十数万円から20万円前後だった子どもたちの学費は、大学では一気に倍以上に膨れ上がる。県外大学への進学では自宅外通学が基本となるため、学費とは別に、生活費などの仕送りも必要だ。費用はかさむ一方だが、日本学生支援機構などの公的機関や、大学が独自で運営する奨学金制度も活用できる。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■福井大で心温かコラボ展 一筆啓上+かまぼこ板の絵
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=8596
■中大教授殺害 教え子を起訴
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015856311000.html
■福島大 予算見直しで入札延期
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015855861000.html
■中大教授刺殺事件、山本容疑者を起訴 東京地検
http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY200910020230.html
■大学生らに採用内定書交付 県内企業 山梨中銀は113人
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/10/02/11.html
■「街中サテライト」山形大工学部、商店街にキャンパス
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091002t53009.htm
■山形大、前知事の教授採用案撤回 「学内が混乱」
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091002t53029.htm
■大学教授が高校で授業 足工大と足利清風高、教育連携へ
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20091002/213757
■学生が地場企業と交流 金大と北陸銀 来月2日に見本市、講演
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20091002304.htm
■九大伊都キャンパス 理系の高機能拠点に ウエストゾーン 2期工事が完了
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/125696
■鳥取大:施設内を禁煙 職員らビラ配布 中国5県の国立大で初 /鳥取
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20091002ddlk31040519000c.html
■男女参画に取り組み 弘大が推進室を設置
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2009/10/8428.html
■共同大学院:東京農工大と早大が来年設立
http://mainichi.jp/select/science/news/20091002ddm012100041000c.html
■北里大医が県内入試枠奨学金連動2人9年間勤務条件県と合意
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20091001-OYT8T01056.htm
■益川さん迎える研究施設 凍結
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015862973000.html
■野生鳥獣:管理研究で連携 県、宇都宮大、東京農工大が協定 /栃木
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20091002ddlk09040089000c.html
■「環境教育」確立を カリキュラム開発へ 環境大
http://www.nnn.co.jp/news/091002/20091002037.html
■県内国公立学費、4年で240万 県外は生活費も
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150710-storytopic-7.html
■人材育成講座スタート 20人が受講 早大と佐賀市連携
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/126104
■山中教授、ノーベル賞の期待に照れる 登竜門の賞授賞式
http://www.asahi.com/science/update/1003/TKY200910030184.html
■子の発達 阻む貧困 大阪でシンポ 打開の道探る
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-10-04/2009100401_05_1.html
■佐賀大:「学生を大切に」佛淵新学長が会見 /佐賀
http://mainichi.jp/area/saga/news/20091003ddlk41100558000c.html

2009年10月02日

大学評価学会、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約・政府報告に関する意見」

大学評価学会
 ∟●「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」政府報告作成に関する第2回市民・NGOとの意見交換会(2009年9月16日)に提出した意見 

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約・政府報告に関する意見

2009年9月5日

団体名(大学評価学会 国際人権A規約第13条問題特別委員会)

住所(京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学 細川研究室気付)
電話( 075-645-8634 )
FAX( 同 上 )
Eメール( hosokawa@biz.ryukoku.ac.jp )
団体の場合は執筆者名( 細川 孝 )
(1件につき1枚の用紙を使用して下さい)

1.条約関連条項: 13条2項(b)(c)

2.見出し 中等教育および高等教育における「無償教育の漸進的導入」の「留保」について

3.内容(1,000字以内。なお、個別具体的事案についてはご遠慮願います。)

 すでに多くの調査、研究において明らかにされているように、「構造改革」のもとで格差、貧困問題が深刻化し、教育分野にも大きな影響を与えている。教育政策は本来、日本国憲法の精神に則して「教育機会の均等」を理念にして行われるべきものである。しかし、公教育財政支出の貧困な日本においては、他の先進資本主義諸国に比して教育費を家計に依存する比重が高く、経済的困難層の教育を受ける権利は著しく侵害されている。
 1979年に国際人権規約A規約(社会権規約)を批准した際に、日本政府は第13条第2項(b)および(c)について、「規定の適用にあたり、これらの規定にいう『特に、無償教育の漸進的な導入により』に拘束されない権利を留保する」ことを宣言している。以来30年が経過したがいまだに「留保」を続けているばかりか、世界でも異常な高学費を国民に押しつけてきた。また、奨学金制度の充実を怠ってきた(日本の奨学金制度は、国際的常識からすれば「奨学金」の名に値しない、ローンである)。
 21世紀における知識基盤社会の実現のためにも、高等教育までも含め「教育機会の均等」の実現を急がなくてはならない。そのことは同時に、危機に瀕した日本の市民社会を救うことにもつながるだろう。2年前の意見交換会のとき以上に、事態は深刻化している。ただちに、「留保」を撤回し、「無償教育の漸進的導入」に着手することを強く求める。これまで繰り返されてきた日本の実態を偽った政府報告書の作成は、国際的にも国内世論からも決して許されないだろう。


元理事が現金要求、神奈川歯科大詐欺事件

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000000910010003

 学校法人神奈川歯科大学(横須賀市)の投資をめぐる多額詐欺事件で、横浜地検特別刑事部は30日、法人の元財務担当理事と元投資顧問を詐欺と業務上横領の罪で、元総務担当理事を詐欺罪で横浜地裁に起訴し、発表した。……

[関連ニュース]
神奈川歯科大:巨額損失投資 元理事ら起訴
神奈川歯大詐欺事件 前理事ら3人起訴

山形大、斎藤前知事の教授採用案を撤回 役員会、学内の反発重視

http://yamagata-np.jp/news/200910/01/kj_2009100100002.php

 山形大が前知事の斎藤弘氏(51)を教授として迎え入れる構想が浮上し、同大が30日、役員会で協議した結果、学内の反対意見が根強いことを考慮し、教授採用の人事案を白紙撤回した。斎藤氏について大学側は当初、10月1日付で国際交流担当教授就任を予定していた。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■センター試験:願書受け付け始まる 締め切り10月14日
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091001k0000e040057000c.html
■センター試験 受け付け始まる
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015819181000.html
■補正見直し 本予算編成の予行演習 中川文科副大臣が初会見
http://www.isenp.co.jp/news/20091001/news04.htm
■福医大、定員増員計画提出へ 文科省、今月中に可否
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=&blockId=4028059&newsMode=article
■慶大教授らベンチャー設立 「光で不整脈治療」事業化
http://www.business-i.jp/news/venture-page/news/200910010085a.nwc
■東北文化学園大 看護学科を新設
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091001t15002.htm
■神奈川歯科大:投資詐欺事件で元理事ら起訴 横浜地検
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091001k0000m040180000c.html
■医療事故:大学病院、重大事故公表2割
http://mainichi.jp/select/science/news/20091001ddm012040116000c.html
■大学が消える:皇学館撤退 学舎跡地「高専の移転を」--名張市議会 /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20091001ddlk24100336000c.html
■農工大と早大が共同大学院開設へ 初の国・私連携
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100101000673.html
■13大学の学長が講師、小中で特別授業…滋賀・草津市教委 今月から14校で
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/society/20091001-OYO8T00260.htm
■重大な医療事故、「必ず公表」が21%
http://www.j-cast.com/2009/10/01050761.html
■大学・短大の学長、児童に特別授業 草津市教委、初の試み
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910010299.html
■鳥獣被害解消へ連携 県と宇大、農工大が協定
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20091001/213372
■愛教大:教育創造機構を設置 センター再編14部門で構成 /愛知
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20091001ddlk23100176000c.html
■長崎大がイサハヤ電子と産学連携で協定 次世代技術の開発など目指す
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20091001/05.shtml
■八戸市と地元3大学・高専 シンクタンク設立
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091001t23013.htm
■高専誘致で近大に要望書提出へ 名張市議会
http://www.iga-younet.co.jp/youmovie/play.php?id=140
■短大を2学科に、11年度から再編 龍谷大が計画
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200910010298.html
■集団自決表現修正 「検定意見撤回を」・・・那覇で県民集会
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okinawa/news/20091001-OYT8T00580.htm
■検定教科書「これまで同様 学習可能」県教育長 集会参加者は反発
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-10-01-M_1-032-1_002.html
■学生「託児サポーター」が保育 女性研究者ら支援、山形大が運用へ
http://yamagata-np.jp/news/200910/01/kj_2009100100003.php
■早稲田大と東京農工大、共同大学院を10年4月に設置
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091001AT1G0101X01102009.html
■大学院:東京農工大と早大が共同で設立 10年4月開設
http://mainichi.jp/life/today/news/20091002k0000m040090000c.html
■九大伊都キャンパス 第2期工事が完了
http://www.tvq.co.jp/news/news.php?did=4962

2009年10月01日

補助金不正受給、東大が40代教授を出勤停止10日に

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090930k0000e040075000c.html

 東京大学は30日、文部科学省の科学研究費補助金を不正に受給、使用した40代の大学院薬学系研究科教授に対し、出勤停止10日間の懲戒処分にしたと発表した。……

[同ニュース]
科研費を不正使用した東大教授を処分 出勤停止10日

研修医ら残業代1億5800万円不払い、神戸大病院に是正勧告

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20090930-OYO8T00713.htm

 神戸大が1年8か月にわたり、医学部付属病院(神戸市中央区)の研修医ら延べ788人に対し、残業代計約1億5800万円を支払っていなかったとして、神戸東労働基準監督署から是正勧告を受けていたことがわかった。同大学は今年4月までに、不払い分を全額支払ったという。……

[同ニュース]
神戸大病院、残業代不払い=研修医らに1億6000万円

奨学金、転居把握せず130億円未回収 日本学生支援機構

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090930k0000e040077000c.html

 大学生に奨学金を貸与する独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会)で2253億円もの未回収金が生じている問題で、このうち約130億円は、機構側による貸出先住所のずさんな管理が主な原因であることが、会計検査院の調べで分かった。奨学生の転居は卒業直後にピークを迎えるのに、卒業後半年間は接触しないシステムを続けてきたためで、検査院は改善を求める方針。一方、貸与型奨学金を巡る問題点が改めて浮かんだことで、専門家からは、海外で主流の給付型の導入を求める声が強まっている。……

[関連ニュース]
奨学金:「返還猶予、周知を」 奨学生の親ら集団申請へ

5億円を資産運用以外に流用、神奈川歯大元理事ら起訴

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009093001001023.html

 学校法人神奈川歯科大(神奈川県横須賀市)の投資巨額損失をめぐる詐欺事件で、元投資顧問大島健之容疑者(45)=横浜市=が社長を務める会社に法人が投資した22億6千万円のうち、5億円が資産運用以外に流用された疑いがあることが30日、横浜地検の調べで分かった。……

[関連ニュース]
神奈川歯科大の資金運用で3容疑者起訴/横浜地検

重大医療事故、結果の公表は2割 全国80大学病院

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/life/191715.html

 全国80の大学病院のうち、患者に後遺症が出るような重大な医療事故に関して、「原因などを調査し、結果を必ず公表している」としているのはわずか21・3%に当たる17大学にとどまっていることが30日、全国医学部長病院長会議のアンケートで分かった。……

[同ニュース]
医療事故の院内報告、全大学で=「必ず公表」約2割
医療事故調査のアンケート結果を公表―医学部長会議
医療事故:全国80の大学病院 重大事故の全公表は2割
後遺症出る医療事故、公表は2割のみ

11校の学科新設などを受理 文科省、7月届け出分

http://www.47news.jp/news/2009/09/post_20090930174903.html

 文部科学省は30日、2010年度に学科や大学院研究科などを新設する私立大のうち、7月分として届け出を受理した延べ11校を発表した。……

再雇用拒否で違法と都を提訴 「君が代」処分の元教員ら

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009092901000748.html

 入学式で日の丸掲揚時に起立せず君が代を斉唱しなかったため、退職後に希望した非常勤教員などの再雇用を拒否されたとして、元東京都立高校の教諭25人が29日、都に計約2億9千万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。……

歴史教科書検定、意見撤回求め1000人結集

http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20090930rky00m040008000c.html

 2007年の文部科学省高校歴史教科書検定で、沖縄戦における「集団自決」(強制集団死)について日本軍の強制に関する記述が削除・修正された問題で、超党派で開催された「教科書検定意見撤回を求める県民大会」から2年となった29日、同大会を呼び掛けた6団体で構成する「9・29県民大会決議を実現させる会」が「9・29県民大会決議を実現させる県民集会」を那覇市の県民広場で開いた。主催者が目標とした500人を大幅に上回る1000人余(主催者発表)が参加。検定意見の撤回や「沖縄条項」の実現などを求めた。……

その他大学関係のニュース(主に大学別)

■教授殺害“責任能力問える”
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015802941000.html
■北大と連携 農業技術の研究を開始 余市が5日協定も
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/191676.html
■工学部、もっと情報交換
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20090930-OYT8T00212.htm
■中大教授刺殺、「責任能力ある」との鑑定 地検起訴へ
http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY200909290390.html
■医師不足で福井大医学科増員へ 県が奨学金拡充
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=8575
■大卒事務系初任給 伸び率最低 経営環境悪化の影響鮮明
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200909300076a.nwc
■ノーベル平和賞のユヌス氏に北大が名誉博士号 「地面に降りると人々の苦しみ理解できる」
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/191561.html
■食産業連携推進 フォーラム設立 宮城大
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/09/20090930t12029.htm
■富山大の和漢薬研がデータベース 研究結果の書き込み自由 今年度内に稼働
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20090930202.htm
■山口大が大原学園グループと連携、キャンパスに“就職専門学校”
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20090930-OYO8T00324.htm
■皇学館大:名張学舎跡地、スポーツ団体も健康研の誘致を 市に要望書 /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20090930ddlk24040301000c.html
■中央大学教授刺殺事件 教え子・山本竜太容疑者、責任能力に問題なし 起訴へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163866.html
■弘大病院・高度救命センター 24時間体制へ人員確保
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2009/09/8406.html
■技術結集し安全通行研究 九大と西日本高速が協定
http://www.sankei-kansai.com/2009/09/30/20090930-015165.php
■強姦逮捕の日体大部員に厳しく対応へ
http://www.daily.co.jp/general/2009/09/30/0002400736.shtml
■医学生の教育の調整役にも期待―地域医療振興協会
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24531.html
■看護教員の継続教育に「学会を活用すべき」との声も
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24552.html
■高専誘致で近大に要望書提出へ 名張市議会
http://www.iga-younet.co.jp/news1/2009/09/post-261.html