個別エントリー別

« 全労連、労働条件分科会に提示された、労働契約法制と労働時間法制についての「検討すべき具体的論点」(素案)の撤回を求める | メイン | 東和大廃校問題 存続訴え学生ら陳情 文科省 大学から事情聴取へ »

2006年12月11日

定員割れ私大への助成、減額幅最大3割に拡大

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20061210AT1G0802P09122006.html

 文部科学省は、定員割れしている私立大学(全体の約4割)に対する私学助成のあり方を、来年度から抜本的に見直す。現在は一定割合まで定員割れすると補助金をおおむね3%弱―15%カットしているが、減額幅を最大30%程度まで拡大。一方で、意欲的な経営立て直しを進める私大には、これを後押しする新たな補助金を創設する考えだ。……

投稿者 管理者 : 2006年12月11日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://university.main.jp/cgi4/mt/mt-tb.cgi/2804

コメント